春になったら

2017年2月22日 投稿者: fujii

こんにちは。

「冬来たりなば、春遠からじ」とはよく言ったもので、

四季がはっきりしている日本では冬にならない限り

春は来ないのですから・・・。

あと1週間もすれば3月です。

3月の声を聞くと一挙に春めいてくる気がするのは私だけでしょうか?

(悲しい思い出が蘇る月でもあります。)

大分日も延びてきました。

保育園のお迎え帰りに孫と散歩をするのが好きで、ついつい遠くまで連れ回してしまいます。

途中で近所のファミレスに寄ったりしてママより帰りが遅くなってしまう事も・・・ (^^;)

もっと暖かくなったら開成山公園を散歩しようと、孫と相談中です。(笑)

♪春よ来い、早く来い。

 

今週の料理を紹介しま~す。

鶏手羽中のハーブ焼き

我が家にある肉に合いそうな乾燥ハーブをたっぷり絡ませました。

とても美味しかったです (^_^)v

骨と身がはがれやすく、食べやすい手羽中です。

[材料]   4人分

co-op 国産手羽中ハーフ           1袋

塩・こしょう              各少々

オリーブ油                大1

乾燥ハーブ・セージ・ターメリック・バジル・タラゴン・レモングラス・オレガノ など適量

[作り方]

1)バットに手羽中を並べ、塩・こしょうをふり揉み込む。

2)1)に乾燥ハーブをバランスよくふりさらに揉み込み、30分位おく。

3)フライパンにオリーブ油を入れ、2)を重ならないよう皮目から入れて焼く。

 

パウンドケーキ

砂糖を少なくし、チーズ味にしたので甘さが控えめになっています。

レーズンやバナナなど甘みのある材料に替えて焼いても美味しいです。

 

きみの色が自然なことと、しろみに弾力があることから、

健康に育てられたことが伝わってきます。

[材料] 8×25㎝パウンド型1本分

めぐみ野蔵王育ち生協のたまご            2個

ホットケーキミックス           150g

バター・砂糖・粉チーズ          各60g

牛乳                        大4

[作り方]

1)パウンドの型にバターを塗り、小麦粉をふっておく。いずれも分量外です。バターは多めに塗った方が型から取り出しやすく、香ばしく出来上がります。

2)バターは電子レンジで溶かし、ボウルに移して砂糖を加え、泡だて器で混ぜる。

3)2)に卵を1個づつ割り入れ混ぜる。

4)3)にホットケーキミックスと粉チーズ、牛乳を加えゴムベラで混ぜる。

5)3)を1)の型に流し入れ表面を平らにし、上から粉チーズ(分量外)をふり、アルミホイルをかける。型の両端を持って2~3度台に叩くように上下させると平らになります。

6)予熱したオーブントースターに5)を入れ、120°Cで30分加熱する。

7)6)のアルミホイルをはずし、20分加熱する。

焼く前に上から粉チーズをかけて焼くと表面につやが出てきれいに仕上がります。

オーブンの奥の方は火が入りやすいので途中で向きを変えてください。

オーブントースターによって機能が違いますし、クセもあると思いますので、オーブントースターと相談しながら・・様子を見ながら・・焼いてください。

 


春の便りは食卓から

2017年2月15日 投稿者: fujii

こんにちは。

そろそろ寒さも折り返しの時期になりましたね。

あくまでも私の希望的観測ではありますが・・・。

豆まきも終り、バレンタインデーも終り、桃の節句へと

春らしい華やかな行事が続きますね。

春の節句と言えば”ちらし寿司”や”てまり寿司”などが思い浮かびます。

先日、郡山の某施設で父と子の料理教室講師依頼があり、

小学生の子どもとお父さんとで、てまり寿司に挑戦してもらいました。

お父さんと一緒に料理を作る機会が少ない子どもたちにとっては

楽しい一時だったようです。

福島テレビと福島中央テレビの取材が入り、

親子でインタビューを受けていました。

 

完成した料理を並べてみると、一気にそこにだけ春がやってきたようでした。

まずは、食卓から春を感じるのもいいのではないでしょうか。

 

今週の料理を紹介しま~す。

厚揚げと大根の甘辛煮

厚揚げは、全面に焼き目を入れると煮崩れせず、味がしっかり浸み込みます。

4ブロックに分かれているのでそれぞれを3等分に切ってください。

丁度食べやすい大きさになります。

[材料]   4人分

co-op 厚揚げ             1パック

大根                 200g

干ししいたけ               3枚

カイワレ大根               少々

{調味料}豆板醤 大2 甜麺醤 大1 オイスターソース 小1

しょうゆ 小1 熱湯 1カップ

[作り方]

1)厚揚げは3等分に切る。

2)大根は乱切りにし、下茹でをする。

3)干ししいたけは水で戻し、半分に切る。

4)フライパンで1)の全面に焼き目を付け、2)、3)を加えて炒める。

5)4)に{調味料}を加え、煮汁がほとんどなくなるくらいまで煮詰める。

6)5)を器に盛り、カイワレ大根を散らす。

 

 

春のサラダうどん

今回は、焼き豚を手作りしてみました。

市販の焼き豚を使えば、もっと簡単な料理です。

ブランチにどうぞ

なたね油の加減が丁度よくサッパリしています。

酸味も程よく合わせた野菜の味を引き立ててくれます。

[材料]  2人分

古今東北菜の花オイルのドレッシング(和風)     大4

レタス                        2枚

大根・人参                     各少々

鶏卵                        1個

焼き豚(市販品)                   30g

冷凍うどん                     2袋

[作り方]

1)レタス、大根、人参は千切りにする。

2)鶏卵は錦糸卵にする。

3)焼き豚は細切りにする。

4)電子レンジで加熱したうどんを器に盛り、1)、2)、3)の順に盛りつけ、菜の花オイルのドレッシングを回しかける。


油断大敵 (-_-;)

2017年2月8日 投稿者: fujii

こんにちは。

日本全国でインフルエンザが猛威をふるっていますが、

皆様は大丈夫でしょうか?

お陰様で我が家では(孫も含む)今のところ感染者はいないようで、

それなりに元気に生活を送っています。

でも、インフルエンザとはいかないまでも風邪の症状には

要注意ですね。

「ただの風邪!」なんて思っていたら大変なことになります。

と言うのも私自身が、今回大変な思いをしました。

2月初旬のテレビのリハーサル中に風邪が原因のめまいをおこし、

救急車のお世話になってしまいました。

前日から食欲もなく、急に目の前が暗くなり、

周りの人の声が遠くに聞こえだし、自分の声も遠くなり、

冷や汗が流れ、気が付けばスタジオの隅でうずくまっていました。

スタッフが呼んでくれた救急車に載せられ、近くの総合病院に運ばれた次第です。

脳の検査もしてもらい異常がないことが分かり、点滴をし

その日のうちに我が家に帰ってこれました。

御かけさまで、かねてから心配していた脳の病気も心配がないとの

お墨付きをいただき、安心したこともあって、

むしろ元気になったような気がしています、

とは言っても、私の不注意でテレビのコーナーに穴をあけ、

沢山の方にご迷惑とご心配をおかけしたことを変申し訳なく思っています。

健康第一を実感しているところです。

 

今週の料理を紹介しま~す。

レアチーズケーキ

おやつにどうぞ

雑穀の香りが大好きです。

2度目の登場です。爽やかな香りが気に入っています。

[材料] 作りやすい分量

co-op 豆乳と7種の雑穀サブレ       80g

バター(塩分不使用)            50g

伊予柑&レモンバター            大2

クリームチーズ              200g

バニラアイスクリーム           200㏄

粉ゼラチン                  5g

[作り方]

1)豆乳と7種の雑穀サブレはビニール袋に入れて麺棒で押しつぶし、細かく砕く。せっかくのサブレを細かく砕くのはもったいないのですが・・・。

2)室温で柔らかくしたバターを1)に加え混ぜる。

3)クッキングシートを敷いた容器に2)を敷き詰める。お弁当箱のような容器が丁度いいです。

4)鍋にアイスクリームと伊予柑&レモンバターを入れて煮溶かし、火を止めた直後に、大さじ2の水でふやかした粉ゼラチンを加えて混ぜる。ゼラチンが溶けるまで混ぜてください。

5)ボウルにクリームチーズを入れて練り、4)を少しずつ加えてダマにならないようのばす。

6)3)に5)を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

 

切り干し大根となめ茸をあえちゃいました。

水でもどした切り干し大根をサッと茹でて絞り、なめ茸(瓶詰)と酢大1で和えました。

サッと茹でただけなのでシャキシャキ感が残る切り干し大根になりました。

 


みんなのうた

2017年2月1日 投稿者: fujii

こんにちは。

2月に入り、寒さが本格化する季節となりました。

皆様には如何お過ごしでしょうか?

寒いからと家の中で縮こまってばかりはいられないと思い

比較的暖かかった日曜日(29日)に三春町にある

福島さくら遊学舎で開催されている”みんなのうたの世界展”

見に行って来ました。

みんなのうたは、皆さんご存知のようにNHKで放送されている

5分間の音楽番組で、小さなお子さんから大人まで楽しめる歌が紹介されています。

放送開始第1曲目の「おお牧場みどり」の映像が見られ

るという事で懐かしくなり出掛けたという訳です。

話題になった曲や今でも歌い継がれている曲などが年表で

紹介されていて「ああ!、そういえばこんな曲があったよな~」などと

昔を振り返りながら楽しみました。

歌と一緒に流れるアニメーションなども展示されていてどんどん記憶がよみがえってきました。

車中では、「おお牧場はみどり」はもちろんのこと

「山口さんちのツトム君」や「小さい秋」など次から次へと

メロディーが浮かび、口ずさみながらの帰路となりました。

音楽って本当にいいですね~。

 

今週の料理を紹介しま~す。

もち麦入り味ごはん

もち麦のプチプチ感がアクセントになって楽しい食感です。

もち麦は今話題の食品ですね。

色んな料理に挑戦しようと思います。

 

[材料]  4~5人分

co-op もち麦            100g

白米                  2合

人参・ごぼう              各1/3本

鶏肉                100g

たけのこ水煮            100g

干ししいたけ                2枚

ごま油                   大1

{調味料}しょうゆ・酒 50cc 砂糖 大2

[作り方]

1)もち麦と白米はもち麦の袋の表示通りに炊く。

2)人参とたけのこ、水でもどしたしいたけは細かく切る。

3)ごぼうは笹切り、鶏肉は1cm角に切る。

4)ごま油を熱した鍋に2)、3)を入れて炒め、{調味料}を加えて煮詰める。

5)炊き上がった1)に4)を入れて切るように混ぜ合わせる。

好みで青しそ、焼きのりなど細く切ってちらす。

 

簡単りんごジャム

簡単にできるので、3時のおやつにぴったりです。

パイシートにのせて焼いてみました。

 

酸味も甘みも程よく、柑橘の香りも食欲を誘います。

[材料]  作りやすい分量

co-op 伊予柑レモンバター           大2

砂糖                      大1

りんご                    1個

co-op パイシート                1枚

[作り方]

1)りんごは皮をむいて8等分に切り、芯を除き、薄切りにする。

2)厚手の鍋に1)、伊予柑レモンバター、砂糖を入れて蓋をし、弱火で20分くらい煮る。りんごの柔らかさはお好みでどうぞ 

3)予熱の入ったオーブンの鉄板にサラダ油(分量外)を薄く敷き、

アルミホイルを使うと便利です。

8等分に切ったパイシートに好みの量の2)をのせ、ほんのり焼き目が付くまで焼く。 


冬の厳しさ

2017年1月25日 投稿者: fujii

こんにちは。

先週は、冬に楽しかったことを書かせていただきましたが、

雪もこれだけ降ると楽しいことばかりではないですね。

ニュースなどで屋根の雪降し風景などを見ると

本当に大変そうな事が伝わってきます。

昔に比べれば大分雪の量は減ってきているようですが、

それでも「家がつぶれるくらいの雪の量って!どんななの??」と

思ってしまいます。

冬の楽しみと同じくらいに、厳しさはそこに生活してみないと

分からない事ばかりなのでしょうね。

秋に収穫した野菜などは凍みないよう雪中深く埋め、保存しておく

方法があるそうで、

その野菜は驚くほどに甘く瑞々しいのだそうです。

私は残念ながら食べたことがないのですが、それは厳しい寒さの中で

生活をしている人たち(むしろ闘っている人と言った方が正しいかもしれません)

への冬の贈りものなのでしょう。

 

今週の料理を紹介しま~す。

熱々のトロトロ蕎麦

ぎばさとなめこのトロトロ食感でお召し上がりください

ご飯でも蕎麦でもよく合います。

次はパスタの上にでもかけてみようかな

[材料]  4人分

古今東北ぎばさ           200g

なめこ               200g

うすらの卵                 4個

長ねぎ                    少々

蕎麦                320g

麺つゆ                   50cc

酒                  50㏄

しょうゆ                大3

[作り方]

1)蕎麦は袋の表示通りに茹でる。

2)鍋に800ccの水を入れ、沸騰したら麺つゆ、しょうゆ、酒を入れて調味し、なめこを加える。

3)器に蕎麦を盛り、2)を流し入れてぎばさ、小口切りにした長ねぎ、うずらの卵を盛りつける。

 

あじの南蛮漬け

酒の肴にぴったりです。

滑らかな酸味です。

黒酢と聞いただけで身体に良さそう!と思います。

食前に水で薄めた黒酢を少しずつ飲んでます。

[材料]  作りやすい分量

あじ                     2尾

co-op 玄米黒酢             50cc

酒                    50cc

しょうゆ                 大3

砂糖                   小1

片栗粉                  適量

揚げ油                  適量

玉ねぎ・人参・青しそ          各適量

[作り方]

1)あじは三枚におろし、一口大の大きさに切る。

2)鍋に玄米黒酢、酒、しょうゆ、砂糖を入れサッと煮立て、冷ましておく。

3)1)に片栗粉をまぶし、160°Cの揚げ油でカラッと揚げる。時間があるときは二度揚げをお薦めします。

4)揚げたての3)を2)に入れて味を浸み込ませる。

5)4)のあじが熱いうちに千切りにした玉ねぎと人参をからませる。

6)器に5)を盛り、千切りにした青しそを盛る。

 

 

 

 

 

 

 

 


冬の楽しみ

2017年1月18日 投稿者: fujii

こんにちは。

最強寒波が押し寄せ、県内各地で最低気温を更新しました。

今はまさしく真冬ですし、東北に住んでいるのですから

致し方ないと分かっていても、ついつい「寒い~(>_<)」

が出てしまいます。

子どもの頃は雪が降ると嬉しくて、”雪だるま”や小さな”かまくら”

を作ったりしました。

とは言ってもかまくらを作るのは小さな女の子には(私の事です)無理だったので父と兄が作ってくれました。

出来上がったかまくらの中で近所の友達と遊んだことを思い出します。

スキーも好きなスポーツの1つで、滑っている時の爽快さは格別でした。

こうしてみると、冬には冬の楽しみがあるものですね。

冬の楽しみと言えば、精油ストーブの上でコトコト煮込んだおでんや干しイモを香ばしく焼いたり、

みかんを皮ごと焼いてフーフーしながら食べたりもしました。

心に染みるほど美味しく感じたものです。

 

今週の商品を紹介しま~す。

co-opチーズと若鶏オーブン焼き

凍ったままレンジでチンするだけで出来上がり!お弁当にもってこいですね。

我が家はお弁当を持っていく人がいないので、私のランチです。

鶏肉独特のパサパサ感がなく、しっとりしています。

 

古今東北やわうま豚味噌漬け

名前に”やわうま”と書いてあるだけあって本当に柔らかく旨味のあるお肉です。

丁寧に作られていることが伝わってくる商品です。

これも、お弁当に入っていたらとても喜ばれるだろうな~と思いながら私がランチで食べました(笑)

白髪ねぎを添えてみました。

ロース肉なのにサッパリしているのは、それに合った味噌がブレンドされているからですね。

食べてみてその事がよ~く分かりました。

 


新年会

2017年1月11日 投稿者: fujii

今年も早いもので10日が過ぎ、すっかり正月気分も抜け、

いつもの生活に戻ってきているのではないでしょうか。

年末・年始が慌ただしく過ぎ去りましたが、これからの時期

新年会とやらが待っているのであります。

もうすでに、埼玉の娘家族と郡山駅前にある日本料理の店

で新年会(?)を開きました。

どうした風の吹き回しか、夫が「御馳走するよ」と言い出し、

「じゃ~気が変わらないうちに」というこで行って来ました。

今回はアラカルト注文だったので、もちろん美味しかったですよ~。

家庭では出せないプロの味を勉強するのも必要なんだからと言う

大義をかざし、ここぞとばかりに堪能しちゃいました (^_^)v

この後も新年会のお誘いが何件か待っているので、

美味しく頂くためにも、体調に気を付け楽しむことにします。

 

今週の料理を紹介しま~す。

あじフライトマトソース添え

青魚にトマト味は、とてもよく合いますよね。

ソースは多めに作って色んな素材と合わせてみてください。

衣が薄くて食べやすいです。

カットトマトはさっぱりとしているので、色んな料理に使え重宝です。

あじフライは袋の表示通りにし、ソースはカットトマトに砂糖小1、オニオンスープの素大さじ1を加え、中火で煮詰めました。

ハムとチーズの揚げ餃子

上から塩をふってお召し上がりください。

ハム本来の味がとても美味しく、気に入っています。

小分けにパックされていているのも、嬉しいです。

十字に切ったハムと棒状に切ったチーズを餃子の皮(大判)で包み、揚げ油できつね色に揚げました。

お酒のおつまみや、子どものおやつにも良いと思います。

 

 

 


今年もよろしくお願いします。

2017年1月5日 投稿者: fujii

あけましておめでとうございます。

今年は、酉年ということもあり、是非とも大きく羽ばたきたいな~。

などと思ってみるのですが、結局はそれほど大した事ができる訳もなくそれなりの1年になるのだろうけれど・・・。

それでもいいと思っているし、それがいいとも思っています。

孫たちがすくすく育ち、大きな怪我もなく、健康な日々を過ごせれば、これ以上の幸せはありません。

ちょっと欲を言えば、

私の考えた料理を美味しいと言ってくださる方が1人でも増える事、

6月のフラの発表会が成功する事

孫のシューが、「おばあちゃん」と呼んでくれるようになる事

かな?・・・欲張りでしょうか?

こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

今週の料理を紹介しま~す。

長崎ちゃんぽん鍋セット

どちらかと言うと、馴染のない鍋料理かとも思いましたが、袋の表示通りに作ってみたらとても美味しくできました。

簡単なのに本格的なちゃんぽんが楽しめます。

どらやきモドキ

お店で売っているようなわけにはいきませんがそれなりのどらやきが出来ました。

 

[材料]  4個分

co-op 薄力粉麦粉       100g

鶏卵                2個

砂糖               70g

ベーキングパウダー        小1/4

あずきあん(缶詰)       大4

サラダ油            少々

[作り方]

1)ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えて混ぜ合わせる。

2)小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるいにかけ、1)に加える。

3)2)をゴムべらで切るように混ぜ、油を薄く敷いたフライパンに直径8cmくらいになるよう流し入れホットケーキを焼く要領で焼く。

4)3)の2枚にあずきあんをはさめる。

5)4)に濡れ布巾をかけ、しっとりするまで休ませる。

 

 

 



 


来年も頑張ります!

2016年12月28日 投稿者: fujii

こんにちは。

今年も残すところ4日となりました。

この1年「何をしたかな~?」と思い出にふける暇もなく慌ただしさの中、暮れていくのでしょうね。きっと!

年を重ねるごとに1日が・・1か月が・・・そして1年がアッ!と言う間に過ぎてしまう気がします。(-_-;)

料理教室やテレビでのレシピを考えるのが大変 (^^;)

フラのフォーメーションを覚えるのが大変(^^;)

 孫守りが大変(^^;)

と言いながら1人で勝手に空回りしながら過ごしてきた自分に気づきます。

どれも大好きな事をしているのに、時間に追われるということもあり、心身共に結構堪えます。

承知の上でやっていることなのに・・・。

でも、それでも、、それでも、、来年も頑張ろう”思えるのは、

私が考えたレシピの料理を作り、

「美味しい」と言ってくださるトントンさんたちや

フラの仲間と心を1つにして仕上げていくフォーメーション、

私の顔を見るなり「バァバ!」(まだおばあちゃんと言えません)と言いながらしがみついてくる孫の姿が愛おしく思えるからなのでしょうね。

来年もきっと良い年になると信じ、残り少なくなった2016年を愛おしみながら、頑張ることにします。

 

今週の料理を紹介しま~す。

豚肉とピーマンの甘みそ炒め

ピーマンがお安く手に入ったので、たっぷり使って炒めました。

めぐみ野のお肉は間違いなしの美味しさです。

[材料]  4人分

めぐみ野豚小間切れ          200g

ピーマン                10個

にんにく                 1片

オリーブ油                大2

水溶き片栗粉               適量

塩・こしょう              各適量

{調味料} 赤みそ大2 しょうゆ 大1 みりん 大2

[作り方]

1)豚肉は解凍し、塩・こしょうをふっておく。

2)ピーマンは縦細切りにし、にんにくはみじん切りにする。

3)フライパンににんにくとオリーブ油を入れて温め、1)を入れて赤身がなくなるまで炒める。

4)3)に2)のピーマンを加えさらに炒める。

5)4)に{調味料}を回し入れ、全体に混ざったら水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつける。

 

和風ポトフ

頂いた大根と椎茸があったので入れてみました。

美味しかったですよ~ 

古今東北のウインナーも保証付きの美味しさです。

[材料]   4人分

古今東北東北産豚肉使用

 パリじゅわポークウインナー       8本

人参                    1本

大根                     1/3本

しいたけ                 3枚

じゃが芋                 3個

キャベツ                  1/2個

固形コンソメ               1個

塩・こしょう              各少々

バター                  適量

[作り方]

1)ウインナーは斜め半分に切る。

2)しいたけは十字に切り、人参、大根、じゃが芋は食べやすい大きさの乱切りにする。

3)鍋に1000ccの水を入れ、大根を入れて中火で煮る。

4)大根が軟らかくなったら1)、じゃが芋、人参、しいたけ、固形コンソメを加え煮る。

5)4)にざく切りにしたキャベツを加え一煮立ちしたら、塩・こしょうで調味する。

6)5)を器に盛り、好みでバターをのせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年のユニセフ活動

2016年12月21日 投稿者: fujii

こんにちは。

コープふくしまユニセフ委員会の活動報告をしま~す。

11月20日コープあだたら店にてバザーを開催しました。

前にも何度か出店したこともあり、覚えていた方もいて和やかなムードの中楽しい活動となりました。

その日の売り上げは、12,765円でした。

リサイクル用品を出品してくださった皆様、そして売り上げに協力くださいました皆様に感謝申し上げます。

12月3日のハンドインハンド(毎年郡山市冨久山町にある岩瀬書房入り口にて行う募金活動)にご協力頂いた皆様ありがとうございました。

募金額は18,516円でした。

合計31,281円は、世界の飢えや病気で苦しむ子供たちのの所へ形を変えて届けられます。

どれほどの力になっているかは、計り知れませんが、間違いなく一助となっていることを信じ頑張っています。

そして一人でも多くの飢えに苦しむ子供たちが元気な姿になってくれることを願いながら、

来年もユニセフのおばちゃんたちは活動を続けます。

今後ともご協力よろしくお願いします。

 

今週の料理を紹介しま~す。

我が家の雑煮

我が家の雑煮は、あまり具を入れないシンプルなもので、

鰹だしのしょうゆ味に鶏肉、長ねぎ、しいたけ、そして餅です。

今回は、鶏肉以外の具材は全て頂いたもので賄えてしまいました。(笑)

すみません。m(_ _)m

うっかりして写真を撮る前に使ってしまいました。

本当は、もっと沢山入っていました~。

丁度いい大きさに切ってあり、コクを出したい時などちょっと入れるとグ~ンとUPして重宝です。

 

色々な具材をチーズフォンデュ

便利ですね~電子レンジで加熱するだけでチーズフォンデュができてしまいます。

前に何度か作ってみましたが、チーズと白ワインの調合が難しく、何度もやり直したことを思い出しました。

香辛料まで入って調味されているので、手間いらずです。

とろっとした柔らかさで、さっぱりしています。

左端から、餅、オリーブ、はんぺん、鶏肉、

うずらの卵、しいたけ、アボカド。

上の段の左からウインナーソーセージ、

くるみ入り生麩、身欠きにしんです。