平和への誓い

2017年8月16日 投稿者: fujii

こんにちは。

今年も終戦記念日を迎えました。

終戦と言うより敗戦と言った方が良いのでしょうか?

毎年お盆と重なるこの時季は、戦争を知らない私にとっても

言葉に言い合わせない複雑な感情が巡ります。

「戦争は嫌だ!」という事は、誰もが思う事となのでしょうが

それなら何故この地球上から戦争がなくならないのでしょう?

72年前の日本がそうであったように悲しい出来事が、

今でも繰り返され、罪のない子どもたちが

苦しむのでしょうか?

毎年巡ってくる先祖を供養するお盆に、平和な世界がくることを

願わずにはいられません。

 

お盆休み最終日に従兄弟二人組が「ちゅるちゅるを食べる~」

と言ってco-op ごぼう天うどん一人分を二人で分けながら食べました。

冷凍讃岐うどんです。二人分入っています。

300ccの水と添付されているつゆを温め、

うどんとごぼう天を入れて3分30秒加熱すれば、

だしのきいた讃岐うどんが出来上がります。

簡単なのに本格的な味に感動しました。

二人の昼食には丁度いい量で

一人分を分け合い完食しました。

 

co-op 大きな御馳走えびフライ

大きなえびフライが6尾入っていて

大人4人、子ども2人で十分な量でした。

なにせ、一本が半端なく大きいので

衣が厚く肝心のえびが細くて小さかったりするのが

けっこうあったりしますが、御馳走と名前に付いてあるだけに

食べ応えがあり、プリプリした歯触りが「えびを食べてる!」と

実感できるものでした。(笑)

下味が付いているので、なにも付けずに食べても美味しいし、

お弁当のおかずにもピッタリだという感想もありました。

こんなに大きなえびフライがお弁当に入っていたら嬉しいですよね。

 

 

 

 

 


Posted in 未分類 | 1 Comment »

湖水浴してきました!

2017年8月9日 投稿者: fujii

こんにちは。

やっと”梅雨”明けしましたね。\(^o^)/

と思っていたら、今度は”台風”です。(-_-;)

長寿台風と言われた台風5号が東北に接近している中

テレビ局のいつものメンバー(秋の芋煮会、春のお花見と

事あるごとに集まっては楽しんでいる仲間)とBBQを決行しました。

雨が心配だけど・・・イチかバチかやってみようという事になり、

材料も全て用意した当日、ご覧の通りの青空と

入道雲が私たちを迎えてくれました。

猪苗代湖の秋山浜湖水浴場から見上げた空です。

今回は、娘親子も参加させてもらいBBQに舌鼓をうったり、

湖水特有の優しい波ぎわでの水遊びを楽しんだり、

夏のレジャーの定番!スイカ割りに挑戦したりと、

時間を忘れて楽しみました。

気の早い私が、「次は芋煮会だね。」と言ったら

「その前に暑気払いでしょう。」と言われ、

「じゃあ、早く計画をたてなくっちゃ~」と

勝手に盛り上がり、解散となりました。(笑)

 

今週の料理を紹介しま~す。

失敗しない茶わん蒸し

冷たくしても美味しいです。

滑らかな舌触りなのですが、歯ごたえもしっかりあって、煮崩れしないので料理しやすいです。

[材料] 4人分

大豆の会豆腐(絹ごし)          1/2丁

むきえび              4尾

しいたけ              2枚

みつば               4本

鶏卵                3個

だし汁             2カップ

しょうゆ              大1

酒                 大2

塩                 少々

[作り方]

1)ボウルに鶏卵を割り入れ、泡が立たないように溶きほぐす。泡だて器よりは菜箸で混ぜるといいです。

2)1)にだし汁、しょうゆ、酒、塩を入れて混ぜ合わせ、ザルでこす。だし汁(かつおだし)は冷ましてください。

3)茶わん蒸しの容器に4等分に切った豆腐を入れ、薄切りにししいたけとえびを入れる。

4)3)に2)の卵液を注ぎ、ラップをして500Wの電子レンジで3分加熱する。沸騰した蒸し器で作るのは、この季節辛いので、電子レンジを使いました。同じように美味しく仕上がりましたよ。

5)火を止める直前に2cm幅に切ったみつばを散らす。

 

いわしの梅煮チーズがけ

 

梅の酸味がちょうどいい塩梅です。

国産いわしを使用した梅煮です。

骨まで食べられるのはもちろんですが、缶詰とは違った

いわしの風味が生かされた梅煮です。

耐熱皿に縦半分に切ったいわし1袋分をのせ、

薄切りの玉ねぎを散らし、溶けるチーズをかけました。

オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いたら出来上がりです。


 


 


絵本の楽しさ

2017年8月2日 投稿者: fujii

こんにちは。

郡山市の麓山通りと内環状線の交差点角にある

文学の森資料館にて特別企画展

みんなだいすき”ばばばあちゃん” さとうきわこ絵本原画展

が開催されています。

さとうきわこさんが描く、とても可愛らしいおばあちゃんが

主人公の楽しい絵本です。知っていらっしゃる方も多いかと思います。

シリーズ化されていて、その中の1つに子どもたちと一緒に

蒸しパンを作る巻があります。

市内の小学生を対象に本の中に描かれている蒸しパンを作って

みようという企画があり、その講師を依頼され、

先週の木曜日に行って来ました。

22名の子どもたちが3種類の蒸しパンとサイダーぜりーを作りました。

最初のうちはとても緊張していた子どもたちも時間が経つにつれ

活発になり、好きな材料をトッピングしながら、個性的豊かな

蒸しパンを仕上げていました。

今回のような依頼は初めてだったので私自身、とても新鮮で

楽しいものとなりました。

文学の森資料館では、他にも

さとうきわこさんの作品をもとに、子どもたちが描いた絵画も

展示されいるそうです。

私もシューを連れて行ってみようと思っています。

 

今週の料理を紹介しま~す。

コロコロステーキのおろしのせ

サッパリと玉ねぎの薄切りと大根おろしをトッピングしてみました。

夏バテ予防にどうぞ

手軽な感じがいいですね。

冷た~いビールも合いますよ~

もちろん、ご飯のおかずにもピッタリです。

 

蒸し鶏の辛子ソース添え

大3の酒で蒸した鶏むね肉を食べやすい暑さに切ります。

みそ大2、砂糖大2、みりん大2、蒸し汁大4を中火でとろんとなるまで混ぜ合わせ、火を止めたら細かく切ったなすの辛子漬けを加えてソースを作ります。

皿に鶏肉を並べ、ソースをかけて食べてください。

辛子のピリッと感と漬けたなすのコクが効いたソースになりました。

古今東北のピリコロなすの辛子漬けです。

古今東北にハズレなし!

辛子独特の鼻にツンとくる辛さは食欲をそそります。


今年もやってきましたビール祭り

2017年7月26日 投稿者: fujii

こんにちは。

今年も、待ちに待った(笑)ビール祭りがやってきました!。

毎年楽しみにしているイベントなのであります。

今年は、テレビ関係でお世話になっているメンバーと楽しみました。

福島はどうしても原発の暗いイメージが付きまとっていますが、

この時ばかりは全てを忘れてビールに酔いしれる人々で賑わいます。

ブログに写真を載せたいとお願いしたら

ビールの力も手伝ってバッチリポーズを

とってくれました。

とても乗りの良い飲み仲間です。

屋外で飲む冷たいビールは格別ですよ~。

 

今週の料理を紹介しま~す。

鶏むね肉の酸辣湯かけ

簡単にできるので台所にも立ちたくないほどの暑い日には

ピッタリかと思います。トマトを彩りに加えました

鶏むね肉1枚は縦半分に切り、酒50㏄を振りかけラップをして酒蒸しにします。

(500Wで4分40秒くらい)

酒蒸しででたスープと水を足して1カップにし酸辣湯と一緒に小鍋に入れて煮た立てます。

火を止める直前に溶いた卵を回し入れ、食べやすい大きさに手でちぎった鶏肉の上にかけます。

 

色んな具材が入っていて食べていて楽しいです。

 

夏野菜のチーズ焼き

これからどんどん夏野菜が美味しくなってきますね。

夏野菜とチーズはとてもよくあいます。

溶けるチーズのちょっと焼けた香りは

最高です。

[材料] 2人分

co-op ミックスチーズ         1カップ

なす・ピーマン                各2個

じゃが芋・トマト             〃

豚挽肉                100g

にんにく                   1片

オリーブ油                  大1

塩・こしょう                各少々

[作り方]

1)じゃが芋は皮をむいて細切りにし、塩・こしょうをしてラップをかけ電子レンジで加熱する。

2)なす、ピーマン、トマトは5㎜幅の輪切りにする。

3)フライパンにオリーブ油、みじん切りにしたにんにくを入れて炒め、豚ひき肉を加えて赤身がなくなるまで炒める。

4)3)になすとピーマンを加えて炒める。

5)耐熱容器に1)のじゃが芋を敷き並べ、その上から4)を盛り、トマトを飾り盛りし、ミックスチーズを散らす。

6)5)をオーブントースターでチーズに焼き目が付くまで焼く。

 

 

 

 

 

 


コープふくしまの未来

2017年7月19日 投稿者: fujii

こんにちは。

暑い日が続いていますが、

皆様には如何お過ごしでしょうか?

夏バテ、熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

そんな暑い中、先週火曜日に福島市において

みやぎ生協・福島県南生協・コープふくしま三生協による

「組織合同に向けたシンポジウム」が開催されました。

要するに合併という事になるのでしょうか?

合併となると組織にとっては大変重大な事から、

慎重に時間をかけて、組合員さんに説明をする必要があると

いうことで、手始めにこの会が開催されたようです。

ユニセフ委員でもあることから、説明を聞いておいた方がいいと思い出席してみることにしました。

三生協関係者以外にも既に合併がなされている

生活協同組合ユーコープの方々も加わり

組織合同までの経緯とその後についての

事例報告をお聞きました。

「私たちをとりまく環境と連帯・共同の推進について」と

題された日生協代表専務理事島田裕之氏の講演があり、

とても分かりやすい内容と予定時間ピッタリに収めたスピーチに

感嘆いたしました。

詳しい内容については、各組合員さんに時間をかけて

丁寧な説明があるそうなので、そちらをご覧ください。

昼食休憩をはさんだ後に。10名ずつに分かれたテーブルごとに交流があり、

皆さんの生協対する思いなどをお聞きすることが出来ました。

これからコープふくしまがどのような形態になっていくのか

私の知識と能力では計り知ることができませんが、少なくともこれからの子どもたちが

安心して安全に暮らせる一助となる組織であり続けることを願います。

 

今週の料理を紹介しま~す。

かつおのたたきサラダ

かつおはすご~く美味しいのですが、彩りが・・・。

と思いミニトマトを飾り盛りしてみました。

ちょっとうるさくなっちゃましたね。反省

co-op 炙りかつおのたたきです。

ドレッシングに絡めても香ばしさがしっかり残っていました。

添付されているタレ 2袋 マヨネーズ 大3 練り白ごま 大1を混ぜ合わせ

一口大に切ったかつおのたたきを加えて和えました。

生野菜はお好みのものをどうぞ

 

ごま昆布入りスープ

これもちょっと色彩が足りませんでしたね~。

昆布が引き立つようにと思ったのが裏目にでてしまいました。( ;∀;)

co-op ごま昆布!大好きです。

だしに使った昆布で手作りすることもありますが、

手軽で美味しいco-op ごま昆布いいですね。

鍋に600ccの水と豚肉、はるさめ、しめじ、ごま昆布それぞれ適量を入れ

沸騰したところに鶏がらスープの素、しょうゆ、ごま油、塩・こしょう

を加えて調味しました。昆布のうま味と歯ごたえが生かされていると思います。自画自賛(^^;)

 

 

 

 

 


どうすれば災害のない国になるのでしょうか?

2017年7月12日 投稿者: fujii

こんにちは。

豪雨による災害が無いことを願っていましたが、

九州地方のあまりにも大きな災害に胸を締め付けられる

思いで、毎日テレビから流れる状況を見つめています。

1歳の子どもとお母さんが濁流に流されたとの

報道には、娘親子と重なり、ただただ号泣です。

毎年繰り返される豪雨災害をみると、地球規模で

環境が悪化している事を感じずにはいられません。

どうにかして、この負の連鎖を食い止めなけれがならないと

あせりますが、個人で出来ることなどたかが知れていることも

事実です。

どうすればいいのでしょう?

こんな負の遺産をこれからの子どもたちに残すことはできないと

強く思う今日この頃です。

 

今週の料理を紹介しま~す。

新鮮野菜と豚肉の冷しゃぶサラダ

冷た~く冷やした野菜と茹でてやはり冷た~く冷やした

しゃぶしゃぶ用豚肉を盛り合わせました。

なめこのみそ汁

なめこと豆腐の味噌汁にミニトマトを入れてみました。

トマトのグルタミン酸が加わってコクのあるみそ汁になりました。

がんばろうふくしま!農産品応援ボックスに

入っていた野菜たちです。

 

ナッツピラフ

超簡単ピラフです。

1人で食べる昼食にピッタリ!

材料は1人分で食塩不使用ミックスナッツ小袋1、玉ねぎ1/8個、

にんにく1片、ツナ缶小1缶、ごはん1膳分

オリーブ油・塩・こしょう・乾燥バジル 各少々です。

作り方は、みじん切りにした玉ねぎとにんにくをオリーブ油で炒め

ごはん、ナッツ、ツナ缶を加えてさらに炒めます。

最後に塩・こしょうで調味し、乾燥バジルを散らします。

co-op 食塩不使用ミックスナッツです。

塩が入っていないので、色んな料理に使えます。

ピーナッツの薄皮は剥かないで食べた方が

認知症予防になるそうです。

昨日テレビでやっていました。(笑)

 

 


下半期の目標

2017年7月5日 投稿者: fujii

こんにちは。

早いもので今年も1年の半分が過ぎてしまいました。

確か、

去年も同じことを書いたような気がしますが・・・(笑)

今年の大きな目標の1つだったフラの発表会も

ほぼほぼ成功し、達成感を味わったところです。

残りの半年、何も目標を持たずにいると、

ドンドン流されてしまいそうなので、

(なにせ、半年なんてアッと言う間ですから)

些細な事でも、目標を持って過ごせるよう

計画を立ててみました。

1つは、秋に同級生と行く定例の旅行を事故なく

無事に終わらせる事。

去年の秋に愛媛から来てくれた同級生の所へ

今度はみんなで押しかける旅です。(笑)

2つ目は、フラ仲間と行く旅行です。

こちらは、行先も日にちも未定ですが、

行くことだけは決まっています。

こうして考えてみると、私の目標は全て遊ぶこと

ばかり。(^^;)

まあ、これも元気でいればこその事だと思うので

大いに楽しもうと思います。

自分にものすごく甘~い目標なのですが・・・。

 

今週の料理を紹介しま~す。

スモークサーモンのせパスタ

生パスタなので、量が多く見えますが、

食べてみると丁度でした。

この旨味と塩気が程よくパスタに絡まって美味しさ倍増です。

[材料] 2人分

co-op スモークサーモン切り落とし         70g

生パスタ(フィットチーネ)          220g

玉ねぎ                      1個

にんにく                     2片

ミックスシーフード              200g

トマトの水煮缶(濃厚)              1缶

固形コンソメ                   1個

乾燥バジル                    少々

オリーブ油                    大2

塩・こしょう                  各少々

[作り方}

1)パスタは袋の表示通りに茹でる。

2)フライパンにオリーブ油、にんにく、薄切りの玉ねぎを入れ、透き通るまで炒める。

3)2)にトマトの水煮缶、固形コンソメ、乾燥バジル、塩・こしょうを加え中火で加熱する。

4)3)にパスタを加えて和える。

5)4)を器に盛り、スモークサーモン切り落としを飾り盛りする。

あんみつ

生の果物を使いました。

桃、キウイ、バナナが入っています。

とてもつかいやすいco-op かんてんパウダーです。

箱に書いてある通りに寒天を作ってください。


心太 ?

2017年6月28日 投稿者: fujii

こんにちは。

東北もいよいよ梅雨に入り、

真夏に向かってまっしぐらといったところでしょうか。

夏の美味しい食べ物と言えば、スイカ、かき氷、水ようかん

冷やし中華にそうめん・・・

食いしん坊の私としては数限りなく浮かんできます。(笑)

その中でも、とても地~味だけれど、昔から日本人に

愛され続けている心太は、欠かせないところでしょう。

オーソドックスな心太で

昭和世代には慣れ親しんだ味です。

でも、ず~と不思議に思っていたことがあります。

何故!心に太いと書いて「ところてん」と読むのでしょう (?_?)

調べてみました。

所説あるようですが、私がピッタリなじんだ説は、

とこてんは、

海藻の天草などを煮溶かし、固めたものを専用の筒に

通して細長くし、酢醤油などをかけて食べますが、

昔は天草を凝海藻(こるもは)といったそうで、

凝るの字が心とあてはめられ、太は太い海藻を意味し、

心太(こころふと)と書くようになり、湯桶読みで

こころていになり、ところてんと変わっていったようです。

室町時代から時を経て日本人に愛され続けてきた心太を

今年の夏は、色んな食べ方で味わってみようと思います。

 

今週の料理を紹介しま~す。

さばパスタ

塩さばですので、味付けは味見をしながら加減してください。

骨の心配がいらないのはうれしいですね。

骨が子どもの魚嫌いの大きな原因の1つになっています。

「材料」  2人分

co-op 骨取り塩さばフィーレ       1枚

青しそ                  6枚

にんにく                 3片

赤唐辛子                1本

バジル(乾燥)             少々

塩                    〃

オリーブ油               大1

パスタ(1.5mm)         120g

[作り方]

1)パスタは袋の表示通りに茹でる。

2)さばは解凍し一口大に切り、バジルをふる。

3)フライパンに油と薄切りにしたにんにくを入れ、香りが出るまで炒め取り出す。

4)3)に2)のさばを入れ焼き目が付くまで焼き取り出す。

5)4)に茹でたパスタと赤唐辛子を入れて炒め、器に盛る。

6)5)にさばとにんにくを飾り盛りし、細切りにした青しそを散らす。

 

しらす干し入り焼きおにぎり

co-op ふっくらしらす干しです。

ご飯に混ぜたり大根おろしで食べるのが好きです。

ご飯にしらす、細切りにした青しそ、白ごまを混ぜ、焼きおにぎりにしてみました。

焼きおにぎりに梅干しとのり、あおしそ、あられを入れてお茶漬けにしてみました。

梅干しの酸味と塩味でサッパリといただけます。

 

 

 

 

 


料理教室 №1

2017年6月20日 投稿者: fujii

こんにちは。

先日、郡山中央公民館が主催する市外から転入してきた女性を対象にした

定期口座の講師依頼があり、「季節の料理を作ろう」をテーマに

調理指導をしてきました。

「転入女性のはやまーゼ教室」と題されたこの講座は

初めて郡山に移り住んだ方を対象に

「郡山を知ってもらおう」、「仲間づくり」を目的に

毎年春と秋に開講されています。

比較的若い主婦の方を中心に楽しく受講されていました。

初めて作る”みそかんぷら”(4品作った中の1品)に興味津々と

いったようすで、出来上がりに満足しながら舌鼓を打っていました。

作り終わって試食をしているところです。

ブログに載せたいのでと言ったからか、ちょっと緊張気味です。

本当はもっと明るく活発な皆さんでした。

仲間づくりの輪が広がり、郡山での楽しい思い出が1つでも

多くできることを願っています。

 

今週の料理を紹介しま~す。

焼き豚入り冷やし中華

いつもはハムや蒸し鶏ですが、今回は焼き豚をつかい

タレもスープにちょっと加えてみました。

美味しかったです。

サラダやチャーハンにも入れてみました。

大活躍の1品です。

 

超簡単とろろ昆布汁

いつものとろろ昆布汁よりコクとうま味が増しました。

ちりめん大豆大さじ2、とろろ昆布1つまみ、

長ねぎ5cm、しょうゆ少々、お湯200cc

豆がカリカリしていて、香ばしいです。

 

 


フラの発表会を終えて

2017年6月14日 投稿者: fujii

こんにちは。

2年に1度のフラの発表会を無事に終えることが出来ました。

早いものですね~

2年前ドキドキしながらも楽しく踊れたことを

まるで昨日の事の様に思い出します。

もちろん!

今回もしっかりと緊張し、吐きそうになりましたが・・・(笑)

でも!すごーく楽しかった~。(^_^)v

今年はちょっぴり奮発した衣装をまとい、ピンクの傘を差し、

優雅に(?)踊ることが出来ました。(自己満足)

残念ながら孫のシューには「見ても分からないだろう」、

「周りの人に迷惑をかけるだろう」という判断で

今回は辞退しましたが、2年後はきっと大丈夫!

おばあちゃんはこれから2年後に向けて

もっと頑張ろうと意欲を燃やしているのであります。

 

今週の料理を紹介しま~す。

先週お話しした大豆の会の種まきに使った大豆を頂いたので

豆味噌を作ってみました。

気のせいではなく豆に甘みが感じられ、とても美味しくできました。

大豆の会の味噌を使ったので親子豆味噌ですね。

 

干しぶどう入りパスタ

塩味の中に甘味が加わり、深みのある味になりました。

1粒1粒が大きく、果肉の舌触りが残っています。

[材料] 2人分

co-op 有機栽培マスカットレーズン        30g

白ワイン                   100cc

鶏もも肉                     1枚

しめじ                    1パック

にんにく(みじん切り)                1片

アンチョビ(みじん切り)               2枚

パセリ(みじん切り)               少々

パスタ                    160g

オリーブ油                    大1

塩・こしょう・しょうゆ             各少々

 

[作り方]

1)レーズンを白ワインに1時間以上浸しておく。

2)パスタは袋の表示通りに茹でる。

3)皮を取り除いた鶏肉に塩を揉み込んでおく。

4)鍋に3)とひたひたの水を入れ、中火で沸騰するまで加熱し、火を止めそのまま冷ます。

5)フライパンにオリーブ油とにんにく、アンチョビを入れ、香りが出るまで中火で炒める。

6)5)に小房に分けたしめじと1)を加えて炒め、2)のパスタを入れてさらに炒める。浸した白ワインも一緒に加えてください。

7)6)に、手で大きめに裂いた4)の鶏肉を加えたら塩・こしょう・しょうゆで調味する。パサつくようでしたら、鶏肉のゆで汁を適量加えてください。

8)器に盛った7)にパセリを散らす。