「未分類」カテゴリーの一覧

ありがとうございました。

2018年5月22日(火曜日)

こんにちは。

ブログをさせて頂くようになって

早いもので4年8ヶ月が過ぎました。

速いですね~!。

パソコン操作 ”超初級者” だった私が2013年9月に

初めてお目にかかった時の内容を見てみますと、

ただただ、たどたどしく、精一杯という姿が

はっきり映し出されていて、恥ずかしいやら

懐かしいやらの思いが溢れます。

今回でこのブログは終わりますが、4年以上経った割には

さして成長していないことに愕然とします。(笑)

孫が大好きな「はらぺこあおむし」という絵本があります。

小さな卵から”あおむし”になり”さなぎ”になり、

やがてそれはそれは美しい蝶になる話です。

いくつ歳を重ねても成長することは大切な事だと

肝に命じているので、これからも”あおむし”に習い

頑張ろうと思っています。

今まで、読み続けてくださった皆様、

本当にありがとうございました。

もし何かの機会にお会いすることができた時

「ブログ読んでいたよ!」と言っていただけたら

とても嬉しく思います。

 

最後の料理を紹介しま~す。

焼きうどん

豚肉、キャベツ、人参、もやし、小松菜、を入れた焼きうどんです。

もやしを入れると水分が出て、焼いているとき水を加えなくても大丈夫です。

そのほうが、水っぽくならないような気がします。

出来上がりに卵黄を落としてみました。コクが出て、まろやかになります。

co-op 焼きうどんです。

焼きそばと同じように、袋をちょっと開けて電子レンジに50秒くらいかけてから焼くとしっとりします。

めぐみ野豚バラ薄切りです。

めぐみ野の豚肉は脂身のところも美味しいですね。

バラ肉を食べるとハッキリわかります。

 

アスパラの肉巻き

孫の遠足に持って行ったお弁当です。

今回は私が作りました。

中央弁当の端~の方に写っているのが肉巻きです。

作るのに忙しく単独で撮るのを忘れてしまいました。

最後の最後まですみません。(^^;)

 


むか~し・昔の運動会の思い出

2018年5月15日(火曜日)

こんにちは。

季節の変わり目特有の寒暖の差が激しい時期ですが、

皆様にはいかがお過ごしでしょうか?

郡山市内のほとんどの小学校では先週の土曜日に

運動会が行われたようです。

お天気にも恵まれ楽しい運動会になったのでは

ないでしょうか?

運動神経のあまりよろしくない私には

これと言って楽しい思い出はないのですが、

あるとすれば、4年生になるぐらいまで

運動会のその日だけ、運動用の白い足袋を履いて

やっていたことです。終わる頃には、真っ黒になり

底に穴が開いていたりしました。

ビックリでしょう?

「そう言えば」と思い出されたかたも

いらっしゃるのではないでしょうか・・・。

時代を感じますね~。

他に、運動会の思い出といったら

やはり、砂ぼこり舞い上がる中で食べたお弁当

でしょうかね。

私の母は、料理はとても上手に作る人だったのですが

なにせ性格がダイナミックな人だったので、

のり巻きなどは、切らずにそのまま1本ずつ入っていて

恵方巻のようにして食べた事が思い出されます。

お腹がすいていた私には、それがとても美味しくて

口いっぱいにほうばって食べましたっけ・・・。

運動とは関係のないことの方が多い、私の運動会の

思い出です。

 

今週の料理を紹介しま~す。

豚しゃぶサラダ

我が家では、各自の皿に好みのドレッシングをかけて食べます。

色んな味で豚しゃぶが楽しめます。

お馴染みのめぐみ野の豚肉です。

前にも同じことを言ったような気がしますが

言わずにはいられないほどに綺麗な肉の色で、

豚肉なのに、生で食べたくなります。(笑)

 

ジャージャー麺

お好きな人は、ラー油などをかけてピリッとさせると

これからの季節にピッタリですね。

co-op コクと旨みのジャージャー麺です。

本格的なジャージャー麺が楽しめます。

 

 

 

 


ゴールデンウイークが終わって

2018年5月9日(水曜日)

こんにちは。

今年のゴールデンウイークも終わり、

やれやれ!と言うか、寂しい!と言うか

微妙な心理状態になるのはいつもの

事のようです。

5日の子どもの日は、外で遊ぶには

あいにくの天気で、がっかり (;_;)

それでも、久しぶりに会った従兄弟

(孫2人)は、仲良く遊んでいました。

なにより・・・なによりです。

年に3回ある大型連休は、家族の安否確認を

する事にも役立っているみたいです。(笑)

後は、お盆まで全員集合とはいきませんが、

それまで、健康に気を付けて頑張ろうと

思っているゴールデンウイーク明けの

今日この頃です。

 

今週の料理を紹介しま~す。

かつおのたたきサラダ風

オリーブ油で表面を焼き、6~7㎜幅に切ったかつおと貝割れ菜、青しそ、揚げたスライスガーリック、煎ったスライスアーモンド、co-op野菜たっぷり和風ドレッシングと和えました。

古今東北気仙沼産亀洋丸とろっとかつお刺身用です。

船内で凍結してから1度も解凍していない鮮度が自慢ですと書いてあります。

十分自慢するのに値する鮮度でした。

こんなに美味しいかつおは久しぶりでした。

冷奴

絹ごし豆腐に青しそとカニカマをのせて、ドレッシングをかけました。

co-op野菜たっぷり和風ドレッシングです。

豆腐にかけて食べるといいなと思い作ってみました。

いいアイデア!と思ったら、ボトルに「お豆腐にも!」と書いてありました。(笑)

 

 


ハーバリウム作ってきました。

2018年5月2日(水曜日)

こんにちは。

ゴールデンウイーク中盤、真夏並みの暑さも

一段落の雨模様となり気分的にも一休みって

感じですね。

後半の4連休は五月晴れになることを

期待しましょう。

昭和の日の振替日だった30日に

麓山の杜21世紀記念公園内にある

とんがりふれあい館体験学習室にて

花・夢花フラワースクール主催の

今とても話題になっている

ハーバリウムの手作り教室が

行われると聞き、興味があったので

参加してみることにしました。

仕上がった作品がこちらです。

ピンクのカーネーションにカスミソウ、アクセントに手芸用のボンボンが入っています。

色の組み合わせは、料理の盛りつけにも通じるものがあり勉強になりました。

LEDライトの上におくと次々と色が変わり飽きることなく楽しめます。

透明のガラス瓶にプリザーブドフラワー

をバランスよく入れ、オイルを流し入れれば

出来上がりです。とは言ってもほとんど

講師の先生が用意してくださったものを

順番に瓶に入れていっただけなのですが、

・・・それでも参加者の個性がはっきり表れ、

楽しむことが出来ました。

また機会があったら是非挑戦してみたいと思います。

 

今週の料理を紹介しま~す。

雑穀入りサラダ

見えずらく申し訳ありません。

十穀米がまんべんなく混ざり合っています。

20g入り小袋が10袋入っています。

15種類の雑穀がバランスよく入っていてとても使いやすいです。

[材料]  4人分

co-op おいしい雑穀十五穀     40g

スモークサーモン        100g

アスパラガス             3本

パプリカ・スナップエンドウ     各少々

ピーマン              1個

ミニトマト             5個

ガーリックソルト・黒こしょう   各少々

オリーブ油・レモン汁        適量

[作り方]

1)雑穀米は弱火で15分煮たら水に浸して水気を切る。

2)アスパラとスナップエンドウは下茹でをし、アスパラは食べやすい大きさに切る。

3)パプリカ、スモークサーモン、ミニトマトも食べやすい大きさに切る。

4)ボウルに1)~3)を入れ、ガーリックソルト、黒こしょう、レモン汁を加えて混ぜ合わせる。

5)4)にオリーブ油を少しずつ回しかけながら混ぜる。

 

厚切り生ベーコン焼き

弱火でこんがりと焼きました。

焼いたときに出た肉汁でナスを焼き、塩・こしょうしました。

焼くと一層ベーコンの香りがして、食欲をそそります。

 


福島県ハワイアンバンドフェスティバル

2018年4月25日(水曜日)

こんにちは。

真夏を思わせるような天気だった

22日の日曜日、

郡山開成山野外音楽堂にて

2018福島県ハワイアンバンドフェステバル

(チャリティ)が、開催されました。

7団体の参加メンバーが、

初めて聴く曲からお馴染みの曲まで

全40曲以上にわたって演奏を繰り広げ、

それに合わせてハワイアンフラ愛好者の皆さんが

踊りを披露し、花を添えていました。

日本では男性のハワイアンフラは一般的ではないようですが

起源は男踊りが始まりだったそうです。

神にささげる踊りと言う事もあって、なかなか見応えのある

ものでした。

皆さん、とても楽しんでいることが伝わり

そして何よりハワイアンのメロディーが

ハワイの風を思わせるお天気と溶け合い

心地のいい、癒しの時間を過ごすことが出来ました。

来年も来なくっちゃ~です。

 

今週の料理を紹介しま~す。

ビーフシチュー

ステーキで食べるのもいいのですが、せっかくの良いお肉だと思うとついついなにか手を入れたものにしたくなってしまいます。(笑)

めぐみ野大沼牛モモステーキです。

柔らかく、さっぱりしているので胃もたれせずに頂くことが出来ました。

[材料] 4人分

めぐみ野大沼牛モモステーキ         1パック

人参                      1本

玉ねぎ                     1個

じゃが芋                    4個

しめじ                   1パック

ブロッコリー                  適量

小麦粉                     大3

{調味料} トマト水煮缶 1缶 トマトソース 1パック 固形コンソメ 1個

みそ 大1 塩・こしょう 各少々

[作り方]

1)牛肉に塩・こしょう・小麦粉(大1)をふっておく。

2)人参、じゃが芋は乱切り、玉ねぎはくし切り、しめじは小房に分ける。

3)オリーブ油で1)を焼く。

4)鍋にオリーブ油を入れ、しめじ以外の2)と小麦粉(大2)を炒める。

5)4)に水800㏄を入れ沸騰するまで煮たら、3)としめじ、{調味料}を加えて煮込む。

6)5)を器に盛り、下茹でしたブロッコリーを添える。

 

焼き魚

みりんが入っているので焦げやすいです。

弱火でじっくり焼きました。

古今東北石巻産金華さば黒糖みりん漬けです。

香ばしく、しっとりしていて皮まで美味しく頂けます。

 

 


日本語のおもしろさ

2018年4月18日(水曜日)

こんにちは。

前に福島縣漢字同好会の会員になり

月例会に参加していることを

お話ししました。

その時「なるほど!」と思う事があったら

「紹介しますね~」と言ったことを覚えていて

くださいましたでしょうか?

早速、あったのですよ~。

それは、食という字に関する事なのですが

私は栄養の事をお話をする時に、

集まってくださった皆さんに

「食と言う字をよ~く見てください。

人を良くする事と書いてあるでしょう」というと

「なるほど!」と興味を示してくれるので

「これでつかみはОK!」とばかりに

どや顔で指導を続けていました・・・が・・・

全くの誤りでした。m(_ _)m

食は、豆を入れる容器からくる象形文字で

人の部分は、容器の蓋を表しているそうです。

漢字は象形から作られているものが多いので

辿っていくととても面白いですね。

食の付く漢字や熟語が多いのにも驚きです。

「食べる事」は「大切な事」だからなのでしょうね。

 

今週の料理を紹介しま~す。

ゆず味噌味のミルフィーユカツ

豚の薄切り肉にゆず味噌つけて重ね、トンカツにしました。

豚肉に味噌はとても合うので美味しくできました。

味噌田楽にもピッタリです。

ふくしま大豆の会のこんにゃくです。

古今東北気仙沼大島産ゆず果汁使用

かおるゆず味噌です。

程よい柚子の香りが上品な料理に仕上げてくれます。

 

鶏つくねの串焼き

添付されているタレと古今東北ゆず味噌を2本ずつ付けてたべました。

どちらも、淡白な鶏つくねの味に合って美味しかったです。

やっぱり、古今東北だけのことはあります。

古今東北秋田県産比内地鶏入りやわらか鶏つくね串5本入りです。

形状も手作り感満載で、親しみやすい味とmatchしています。

 

 

 


新年度がスタート

2018年4月11日(水曜日)

こんにちは。

新しい年度がスタートし

頭に新の字が付く人たちの初々しい姿が

色んな所で目につきます。

親しんだ環境が一変し、慣れるまで大変だったことや、

その反面、新鮮な気持ちになったことを思い出します。

孵化したばかりのひな鳥が、親鳥の後ろについて

歩く姿が可愛らしくニュースになったりすることが

ありますが、やがて巣立ちの時が来て、離れ

ていくのだけれど、そんな姿が我が子と重なる

人も多いのではないでしょうか?

春!4月は嬉しくもあり、寂しくもある親心が

クローズアップされてる時期でもあるようです。

 

今週の料理を紹介しま~す。

たことわかめの和え物

新物のわかめとたこ、玉ねぎをポン酢で和えました。

co-op プリッとおいしいお刺身蒸したこです。

柔らかくて新物のわかめと良く合います。

 

ヒレカツ丼

甘めの味付けが万人うけするコツなのでしょうね。

co-op 銀座梅林のヒレカツ丼の具です。

ヒレカツだけあって肉が柔らかく食べやすいです。

 

 


桜の下で

2018年4月4日(水曜日)

こんにちは。

今年も桜の季節がやって来ましたね。

このブログで、桜のお話をするのは

何度目になるでしょうか?

桜と言う花は、不思議な花で、

日本人の気性にとてもあっているようです。

一斉に咲きはじめたかと思えば、

なんの名残も残さず散ってしまういさぎ良さや、

大木に咲く迫力に魅了されながらも

花そのものは可憐で儚げな姿が

日本人の琴線に触れるのでしょうね。

20年前の3月末に亡くなった父が、

「桜は無理だな・・・」と呟くように

言ったことが思い出されます。

他のどの花でもなく、やはり桜なのだと・・

そして、人々の人生の節目に、寄り添うように

咲く花なのでしょうね。

今年も満開の桜の下で、泣き父を忍びながら

孫と一緒に愛でることにしましょう。

 

今週の料理を紹介しま~す。

とりそぼろ入り卵焼き

玉子焼きの中にとりそぼろを入れて焼きました。

co-op とりそぼろです。

甘辛くしっかり味がついているのでご飯には

もちろ、麺類にも、そして卵焼きにも合いますよ~。

 

生野菜の甘夏漬け

きゅうり、セロリ、人参、レーズン、薄皮を剥いた甘夏、はちみつ大1

塩・こしょう少々を入れて混ぜあわせ、重石をかけました。

産直甘夏(特別栽培)です。

瑞々しく、程よい酸味があり、さわやかな香りが楽しめます。


Happy・Birthday

2018年3月28日(水曜日)

こんにちは。

やっぱり、暖かくなると心身共に解放されますね。

思わず春の歌を口ずさんでしまいます(^^♪

それともう1つ我が家には3月に嬉しいことがあります。

3月は、シューの誕生月なのですよ。

この世に生を受けて3年が経ちました。

過ぎてしまえば3年なんてアッと言う間でしたが

成長の1つ1つを見ると月日の流れを強く感じます。

歳を重ねると、誕生日はただの通過点になってしまいがちですが、

幼子のそれは周りの大人たちにとって、大きな喜びであり

感動的な出来事なのだと実感します。

『早く大きくなって欲しいけど、

可愛いあなたのままでいて欲しいと思うのは

おばあちゃんの我儘なのでしょうね。』(祖母の独り言)

 

今週の料理を紹介しま~す。

きざみめかぶの天ぷら

解凍したきさみめかぶ2P、じゃが芋のすりおろし3個分、

小麦粉大さじ4~5、豆板醤大さじ1を混ぜ合わせ

揚げ油で揚げました。

産直めぐみ野志津川湾産きざみめかぶです。

冷凍されているので常備食としてどうぞ

 

甘酒ゼリー

甘酒をゼラチンで固め、スプーンですくい、

白玉団子と一緒に器に盛り、豆乳を回し入れて

黒蜜をかけました。

co-op 粉末甘酒です。

お湯で溶くだけで出来てしまいます。

アイスも美味しく出来上がります。

簡単で美味しく保存もできるのでいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


癒しの時間

2018年3月21日(水曜日)

こんにちは。

前にも1度お話ししたかと思いますが、

2か月に1度定期的に集まって、歌を歌って

楽しむサークルがあり、同級生の1人に

誘われて時間がある時だけ参加しています。

ギターとピアノの生演奏なんですよ。

部屋の構造上、全員を移すことが出来ませんでした。

またの機会がありましたら残り半分の方が写る様にしたいと思います。(笑)

上手な方もいれば、そうでない方もいて

(私です。)でもそんなことはお構いなしで

大きな声を張り上げて歌うのは

ストレス発散にもってこいです。

顔なじみの方もできて、和気あいあいと

過ごせる時間になっています。

癒しの時間も大切ですものね。

 

今週の料理を紹介しま~す。

まぐろ丼

 

超が付くほど簡単な丼です。

いつもの様に家にいるときの一人ランチにピッタリです。

丼でもサラダでもと書いてある通り、色んな料理に使えそうなところがいいですね。

[材料]1人分

co-op びんちょうまぐろ切り落とし         1袋

白髪ねぎ                   1/4本分

白ごま                          大1

ごま油                      適量

しょうゆ 大2・七味唐辛子少々

ごはん                    1膳分

[作り方]

1)袋の表示通りに解凍したまぐろを多めのごま油で半生状態に揚げる。もちろん生で食べられますが、ちょっと火が通ったところが入ると食感が面白くなります。

2)しょうゆと七味唐辛子を入れた容器に1)を熱いうちに入れて漬け置きにする。

3)丼にご飯を盛り、白ごまを回しかけ、2)を並べるように敷き詰める。タレも回しかけてください。

4)3)に白髪ねぎを添える。

 

イカチリ

エビチリならぬイカチリです。

ソースがいかにしっかり絡まり濃厚になります。

肉厚ないかなので食べ応えがあります。

フライパンに水100㏄、ケチャップ大4、オイスターソース小1、鶏がらスープの素小1入れて煮立たせ、揚げたイカを加え、小口切りにしたねぎを散らし水溶き片栗粉を回し入れてとろみが出るまで混ぜ合わせました。