2018年1月10日

神戸旅行 PART Ⅰ

2018年1月10日(水曜日)

こんにちは。

去年の話しで恐縮ですが、といっても先月の事になります。

フラ仲間と神戸旅行をしてきました。

8時5分発、伊丹空港行きの飛行機に「いざ!出陣!!」

と言った気分で乗り込みました。

(出発するときって大袈裟に言えば、何度行っても未知の世界へ

足を踏み入れる感覚があり、意外に緊張するんですよね。)

天気も良く、富士山が綺麗な姿を見せてくれました。

伊丹に到着した足で電車を乗り継ぎ宝塚へ、手塚治虫記念館で

鉄腕アトムやジャングル大帝レオなどを懐かしく見学した後、

昼食を挟み、宝塚大劇場にて宝塚雪組公演 ミュージカル

「ひかりふる路」を鑑賞しました。

宝塚の舞台は何度見ても華やかで、夢の様で、キラキラしていて

何処か別の世界へ誘われたような感覚になります。

終演後は主人公にでもなったような気さえしてきます。(笑)

阪急宝塚駅前にある歌劇団のスターをイメージした銅像の前で

4人の乙女たちも  パチリ!

ここから最初の宿泊地、有馬温泉へと向かいました。

ここで私の迂闊さが露見されてしまう出来事が、

夕食の写真を撮ることを忘れ、「美味しい、美味しい」と

ひたすら食べ続けてしまったのです。

お部屋での食事だったことで、すっかり気が緩み、

次から次へといいタイミングで出される料理に

ブログの事も忘れ、気がついたのは

デザートを食べるときでした。(笑)

味はもちろんのこと色彩も豊かなお料理は、

参考になるものばかりでしたので、

お見せできなく申し訳ありません。m(_ _)m

有馬温泉は日本最古の湯といわれ、

多くの効能成分がふくまれているそうです。

茶褐色の湯がなんとな~く体に良さそうって感じでした。

体がポカポカと温まった上に1日の疲れがどっと押し寄せ

いつの間にか深い眠りへと落ちていったのでありました。

来週へとつづく

 

今週の料理を紹介しま~す。

お好み焼き

餅入りお好み焼きです。

とても消化の良い粉です。

[材料] 2人分

co-op お好み焼き粉    1カップ

水            1/2カップ

鶏卵              1個

チャーシュー         12枚

餅(7×4)         1枚

白菜              2枚

長ねぎ           1/4本

キムチの素           大2

溶けるチーズ       1カップ

{ソース}しょうゆ 小1 中濃ソース 大2 ケチャップ 大4

[作り方]

1)ボウルに鶏卵を割り入れ、水を加えて泡だて器で撹拌し、お好み焼き粉を振り入れて混ぜる。

2)白菜の芯の所は2㎝幅に切り繊維にそって細切りにし、葉先はざく切りにする。

3)餅はサイコロ状に切り、長ねぎは小口切りにする。

4)1)のボウルに、2)、3)、キムチの素を入れて混ぜ合わせる。

5)ホットプレートまたはフライパンに油を薄くひき、4)の1/4の量を丸くなるよう流し入れる。

6)5)の上にチャーシュー3枚を重ならないようにのせる。(今回はチャーシューをバラブロック肉で手作りしました。市販の場合は、その大きさに合わせてお使いください)

7)6)を裏返し、餅に火が通ったらもう1度裏返す。

8)7)の表面にソースをぬり、溶けるチーズを散らして蓋をし、チーズが溶けたら出来上がり。

 

チャーハン

簡単なのに、とても彩り良く仕上がりました。

野菜ミックス以外は、鶏卵とチャーシュー、塩・こしょう、

そしてもちろんご飯です。

co-op 北海道の野菜ミックスたまねぎ入りです。

野菜の大きさがとうもろこしと同じくらいに切ってあるので料理しやすく、食べやすく、きれいに仕上がります。

玉ねぎが入っていると応用が効いてメニューが増えますね。