2018年4月

福島県ハワイアンバンドフェスティバル

2018年4月25日(水曜日)

こんにちは。

真夏を思わせるような天気だった

22日の日曜日、

郡山開成山野外音楽堂にて

2018福島県ハワイアンバンドフェステバル

(チャリティ)が、開催されました。

7団体の参加メンバーが、

初めて聴く曲からお馴染みの曲まで

全40曲以上にわたって演奏を繰り広げ、

それに合わせてハワイアンフラ愛好者の皆さんが

踊りを披露し、花を添えていました。

日本では男性のハワイアンフラは一般的ではないようですが

起源は男踊りが始まりだったそうです。

神にささげる踊りと言う事もあって、なかなか見応えのある

ものでした。

皆さん、とても楽しんでいることが伝わり

そして何よりハワイアンのメロディーが

ハワイの風を思わせるお天気と溶け合い

心地のいい、癒しの時間を過ごすことが出来ました。

来年も来なくっちゃ~です。

 

今週の料理を紹介しま~す。

ビーフシチュー

ステーキで食べるのもいいのですが、せっかくの良いお肉だと思うとついついなにか手を入れたものにしたくなってしまいます。(笑)

めぐみ野大沼牛モモステーキです。

柔らかく、さっぱりしているので胃もたれせずに頂くことが出来ました。

[材料] 4人分

めぐみ野大沼牛モモステーキ         1パック

人参                      1本

玉ねぎ                     1個

じゃが芋                    4個

しめじ                   1パック

ブロッコリー                  適量

小麦粉                     大3

{調味料} トマト水煮缶 1缶 トマトソース 1パック 固形コンソメ 1個

みそ 大1 塩・こしょう 各少々

[作り方]

1)牛肉に塩・こしょう・小麦粉(大1)をふっておく。

2)人参、じゃが芋は乱切り、玉ねぎはくし切り、しめじは小房に分ける。

3)オリーブ油で1)を焼く。

4)鍋にオリーブ油を入れ、しめじ以外の2)と小麦粉(大2)を炒める。

5)4)に水800㏄を入れ沸騰するまで煮たら、3)としめじ、{調味料}を加えて煮込む。

6)5)を器に盛り、下茹でしたブロッコリーを添える。

 

焼き魚

みりんが入っているので焦げやすいです。

弱火でじっくり焼きました。

古今東北石巻産金華さば黒糖みりん漬けです。

香ばしく、しっとりしていて皮まで美味しく頂けます。

 

 


日本語のおもしろさ

2018年4月18日(水曜日)

こんにちは。

前に福島縣漢字同好会の会員になり

月例会に参加していることを

お話ししました。

その時「なるほど!」と思う事があったら

「紹介しますね~」と言ったことを覚えていて

くださいましたでしょうか?

早速、あったのですよ~。

それは、食という字に関する事なのですが

私は栄養の事をお話をする時に、

集まってくださった皆さんに

「食と言う字をよ~く見てください。

人を良くする事と書いてあるでしょう」というと

「なるほど!」と興味を示してくれるので

「これでつかみはОK!」とばかりに

どや顔で指導を続けていました・・・が・・・

全くの誤りでした。m(_ _)m

食は、豆を入れる容器からくる象形文字で

人の部分は、容器の蓋を表しているそうです。

漢字は象形から作られているものが多いので

辿っていくととても面白いですね。

食の付く漢字や熟語が多いのにも驚きです。

「食べる事」は「大切な事」だからなのでしょうね。

 

今週の料理を紹介しま~す。

ゆず味噌味のミルフィーユカツ

豚の薄切り肉にゆず味噌つけて重ね、トンカツにしました。

豚肉に味噌はとても合うので美味しくできました。

味噌田楽にもピッタリです。

ふくしま大豆の会のこんにゃくです。

古今東北気仙沼大島産ゆず果汁使用

かおるゆず味噌です。

程よい柚子の香りが上品な料理に仕上げてくれます。

 

鶏つくねの串焼き

添付されているタレと古今東北ゆず味噌を2本ずつ付けてたべました。

どちらも、淡白な鶏つくねの味に合って美味しかったです。

やっぱり、古今東北だけのことはあります。

古今東北秋田県産比内地鶏入りやわらか鶏つくね串5本入りです。

形状も手作り感満載で、親しみやすい味とmatchしています。

 

 

 


新年度がスタート

2018年4月11日(水曜日)

こんにちは。

新しい年度がスタートし

頭に新の字が付く人たちの初々しい姿が

色んな所で目につきます。

親しんだ環境が一変し、慣れるまで大変だったことや、

その反面、新鮮な気持ちになったことを思い出します。

孵化したばかりのひな鳥が、親鳥の後ろについて

歩く姿が可愛らしくニュースになったりすることが

ありますが、やがて巣立ちの時が来て、離れ

ていくのだけれど、そんな姿が我が子と重なる

人も多いのではないでしょうか?

春!4月は嬉しくもあり、寂しくもある親心が

クローズアップされてる時期でもあるようです。

 

今週の料理を紹介しま~す。

たことわかめの和え物

新物のわかめとたこ、玉ねぎをポン酢で和えました。

co-op プリッとおいしいお刺身蒸したこです。

柔らかくて新物のわかめと良く合います。

 

ヒレカツ丼

甘めの味付けが万人うけするコツなのでしょうね。

co-op 銀座梅林のヒレカツ丼の具です。

ヒレカツだけあって肉が柔らかく食べやすいです。

 

 


桜の下で

2018年4月4日(水曜日)

こんにちは。

今年も桜の季節がやって来ましたね。

このブログで、桜のお話をするのは

何度目になるでしょうか?

桜と言う花は、不思議な花で、

日本人の気性にとてもあっているようです。

一斉に咲きはじめたかと思えば、

なんの名残も残さず散ってしまういさぎ良さや、

大木に咲く迫力に魅了されながらも

花そのものは可憐で儚げな姿が

日本人の琴線に触れるのでしょうね。

20年前の3月末に亡くなった父が、

「桜は無理だな・・・」と呟くように

言ったことが思い出されます。

他のどの花でもなく、やはり桜なのだと・・

そして、人々の人生の節目に、寄り添うように

咲く花なのでしょうね。

今年も満開の桜の下で、泣き父を忍びながら

孫と一緒に愛でることにしましょう。

 

今週の料理を紹介しま~す。

とりそぼろ入り卵焼き

玉子焼きの中にとりそぼろを入れて焼きました。

co-op とりそぼろです。

甘辛くしっかり味がついているのでご飯には

もちろ、麺類にも、そして卵焼きにも合いますよ~。

 

生野菜の甘夏漬け

きゅうり、セロリ、人参、レーズン、薄皮を剥いた甘夏、はちみつ大1

塩・こしょう少々を入れて混ぜあわせ、重石をかけました。

産直甘夏(特別栽培)です。

瑞々しく、程よい酸味があり、さわやかな香りが楽しめます。