艶やかな舞に魅了

投稿者: fujii  2017年11月14日(火曜日) 21時32分|未分類RSS 2.0

こんにちは。

この時期になると何処の公民館でも地域の皆さんが

参加する芸能祭が開催されますね。

私が住む地域でも、毎年(今年は3日の文化の日でした。)

出演者のみなさんが日頃の練習の成果を思う存分発揮し

来場者の方々と一体となって盛り上がります。

お子さんから年を重ねた方まで多種多様なステージで

3時間がアッと言う間に過ぎてしまいます。

子どもたちによる安積太鼓が披露されました。

 

料理教室にも参加して頂いていたYさんの華麗な舞です。

同じ地域に住んでいてもなかなかお目にかかれずに

いる懐かし方々が生き生きと披露している姿を

観ると私まで元気になる思いです。

来年もお会いできることを楽しみに会場を後にしました。

 

今週の料理を紹介しま~す。

ワインのお供に

クラッカーの上にクリームチーズと生ハム、そしていちじくジャムをのせました。

甘さと塩気が丁度で、渋いワインとよく合います。

いちじくは大好きな果物です。

秋になると毎年いちじくの甘露煮を2回は作るのですが

今年は時間的に丁度せず作る機会を逃がしてしまいました。

だからと言う訳ではありませんが、甘さ控えめのこのジャムをしっかり味わおうと思います。

 

豚肉のトマト煮

トマトの水煮缶に豚肉と玉ねぎ、乾燥ハーブを漬け込み

オリーブ油で焼きました。

豚肉を焼き、取り出した後玉ねぎを入れて甘味が出るまで焼き煮にし

豚肉を戻し入れ、煮からめます。

大好きなめぐみ野豚肩ロースです。

柔らかく、癖のない味はどんな料理にも合います。


「艶やかな舞に魅了」に対して2件のコメントが寄せられています。

  1. トントン より:

    いちじくは私も大好きなので、毎年自分で煮ていたのですが、今年は私も煮ないで終わってしまいました。
    いちじくのジャム、今度見つけたら購入しようと思います。ジャムって色々種類があるんですね。

  2. fujii より:

    トントンさんへ
    今年は秋が短かったせいでしょうか?タイミングって大切ですね。
    果物に限らず野菜でも多めの砂糖で根気良く煮詰めたら結構美味しい手作りジャムが出来ちゃいますよ。

コメントを投稿