秋野菜のバスケットサラダ

『毎日のごはん応援カタログ 』9月2週号のテーマは “おもてなしにも いろいろごはん”。
旬の食材やストック食を活用した“おもてなしご飯”を特集しています。


表紙は「里芋とベーコンの炊き込みごはん」。
里芋、ベーコン、黒オリーブを風味豊かに炊き込んだ洋風ごはんです。
オシャレな土鍋を使えば 食卓もぐっと華やかになりますよ。

表紙後方にあるのは「秋野菜のバスケットサラダ」。
詳細レシピは中面に掲載していますが、冷凍パイシートを格子状にし、器仕立てにしたサラダです。

こちらのブログでは パイシートの器の作り方を詳しくご紹介します。

袋の表示通りに解凍した冷凍パイシートを縦長に8本に切り、丸いケーキ型(直径12~13cm)を逆さにして表面をアルミホイルで包み、パイシートを4本のせる。

接着する部分にハケで溶き卵を薄くぬり、格子状になるように残りの4本ものせる。


互い違いに編み込んでいきます。


完成。

オーブントースターに入れて10分焼き、粗熱が取れたら型から外す。
(焼き立ては壊れやすいので、事前に焼いておく)
逆さにしてアルミホイルごと外して器に移し、パイを割らないようにアルミホイルを取り除き、サラダを盛り付ければOKです。

器のバスケットはバリバリ割りながらサラダと一緒に食べられます。
おもてなしにもピッタリ!
是非 お試しくださいね。

 

ちょっとピリ辛のビビン麺

『毎日のごはん応援カタログ 』8月2週号のテーマは “ツルッと美味しい!夏の麺”。

夏休みの食事作り  悩みますよね。
「お腹が減った!」と言われたら、手早くできるメニューは必須!
そんな時におすすめなのが麺を使ったランチです。
いろいろな具材との相性が良く、調理も簡単、
一品でボリューム満点なのもうれしいですよね。

表紙を飾るのは「つけパスタ」2種。
スパゲティをソースに付けて食べる“つけスパゲティ”です。

豆乳ソースタイプと、和風きのこおろしタイプをご紹介していますので
是非ご活用くださいね。

中面では引き続き 手軽にできる麺を特集。

『コープ ビビンバの素』を使ったビビン麺も掲載しています。
本紙では冷凍うどんを使っていますが、そばや素麺、冷麦でもアレンジ可能なメニューです。
シーンに合わせて ご活用くださいね。

夏休みの昼ごはん

『毎日のごはん応援カタログ 』7月2週号のテーマは “夏休みの昼ごはん”。

子ども達にとっては楽しい夏休みですが
忙しいママたちにとって 夏休みの昼ごはんは悩みのタネですよね。
そんな時  手軽に美味しく出来るレシピを特集しています。

表紙はキーマカレーで作る『ひまわりごはん』。
ごはんを花びら状に盛り付けた可愛らしい一品です。

こちらでは本紙で掲載できなかったポイントをご紹介します。

ポイントはひまわりの花びらになるごはんの部分。
炊き上がったターメリックライスをおちょこなどに詰め、花びらのように丸く置いていきます。

中心に出来上がったキーマカレーを盛り、
マヨネーズで格子模様を書いたら出来上がりです。
※キーマカレーの詳細レシピは本紙をご覧ください。

またサイドメニューとして『レインボーフルーツバー』をご紹介していますが、
キウイを使った簡単デザートもオススメ!

■キウイローズ

薄く切ったキウイを並べてバラの花のように盛り付け、ぶどうを乗せるだけ。
ちょっとの工夫がいつものデザートを華やかにしてくれます。

是非 ご家庭でお試しくださいね。

ねぎスープ

『毎日のごはん応援カタログ 』6月2週号のテーマは “作ってあげたい! 父の日レシピ”。

「父の日」にお父さんへの感謝を伝えつつ
家族みんなで楽しく頂けるメニューを提案しています。

表紙は「チーズタッカルビ」。
鶏むね肉を使いながら下味を漬ける事で、しっとり仕上がります。

こちらのブログでは、紙面スペースの都合で掲載できなかった「ねぎスープ」のレシピをご紹介します。

■ねぎスープ

材料(1人分)
時間 5分

長ねぎ(白い部分)    5cm
生姜(量はお好みで加減) 1/2片
A 鶏ガラスープの素 小さじ1/2
塩・こしょう      少量
熱湯          1カップ

作り方
① 長ねぎと生姜(皮をむいて)は極細いせん切りにする。
② ①を器に入れ、Aを加えて熱湯を注ぎ入れてよく混ぜる。

2STEPで出来る簡単お手軽スープです。
是非 お試しください!

クロックマダム&クロックムッシュ

『毎日のごはん応援カタログ 』5月2週号のテーマは “ベランダごはん”。

太陽の日差しをたっぷり浴びながら
ご自宅でも手軽にカフェ気分を味わえる…そんなメニューをご用意しました。

表紙のメニューは「クロックマダム」。
最近ではカフェやパン屋さんでもよく見かけるようになりましたが
半熟とろ~り卵とホワイトソースで作る、本場フランスのパン料理です。

食パンにホワイトソースを重ねて塗って、
厚切りハムを縁に沿って壁を作るように置き……

卵とチーズをのせてオーブントースターで焼くだけ!
詳細レシピは本紙をご覧くださいね。

そして もうひとつ、「クロックムッシュ」の作り方もご紹介しています。
「クロックムッシュ」は食パンの間にロースハムとチーズを挟んで焼いたホットサンド。
その上面に目玉焼きを盛り付けたのが、「クロックマダム」になります。

いずれもサラダやフルーツ、スープやシリアルなどを添えて、ワンプレートに盛ればぐっとオシャレになるメニューですよ。

是非 お試しください。

ドーナッツ寿司

『毎日のごはん応援カタログ 』4月2週号のテーマは “春の彩りごはん”。
カラフルな食材を上手に活用することで、テーブルが華やぐ…そんなメニューをご紹介しています。

表紙は「寿司ドーナッツ2種類」。
揃えやすい食材を使いながら 出来上がりは豪華!!
進学・新入学…とお祝いが多くなる時期でもあるため そんな時に活用できるメニューです。

今回はスペースの都合上掲載できなかった、「ドーナッツ寿司」のポイントをご紹介します。

材料・詳細レシピは本紙をご覧ください。

①ドーナッツ型に好きな食材を置き、その上にすし飯を均等に入れて指で押しながら平らに詰める。

②ラップをかけ、15分ほどそのまま置く(夏場は冷蔵庫に入れる)。

③落ち着いたら型からはずして、青じそを敷いたお皿に盛りつけて出来がり。

使用する食材は魚介以外にもお肉やシーチキン、アボガドやチーズなど
アイデア次第でいろいろ活用できますので 是非お子様と一緒にチャレンジしてみてくださいね。

豚バラの白菜レンジ蒸し

『毎日のごはん応援カタログ 』3月2週号のテーマは “かんたん♪ 華やか♪ とっておきレシピ”。

春らしくなったこの時期に合わせ
食卓を華やかに彩るメニューをいろいろご紹介しています。

表紙を飾るのは「豚バラの白菜レンジ蒸し」。
詳細レシピは本紙をご覧ください。

ポイントは“豚肉の巻き方”にあります。

豚肉を1枚縦長に広げ、白菜を1/8量手前側にのせ、
いんげん1本分とチーズ1切れを乗せます。

それを芯にして、きつめにくるくると巻いていきます。

残り7個も同様に作ります。

耐熱容器に巻き終わりを下にして並べてください。

電子レンジで簡単にでき、取り分けしやすいため おもてなしにも最適です。
是非 お試しください。

チューリップのフライドチキンカレー風味

『毎日のごはん応援カタログ 』2月2週号のテーマは “HAPPY DELIごはん”。
バレンタインなどのイベント事があるこの時期に合わせ
デパ地下や人気デリショップ風のオシャレでボリュームたっぷりなレシピを特集しています。

表紙は「グリルドフィッシュ」。
3種類のディップソースで頂くホットプレートメニューです。
お魚嫌いのお子さまにも きっと喜んで頂けるはず。

今回はスペースの都合上 本紙で掲載できなかった「チューリップのフライドチキン カレー風味」の
詳細レシピをご紹介します。

■チューリップのフライドチキンカレー風味

材料(5本分)調理時間(30分)
鶏手羽元     250~300g

刻みにんにく     1/2片分
塩         小さじ1/3
こしょう          少量
酒           大さじ1
はちみつ        小さじ1
カレー粉      小さじ1~2

片栗粉            適量
揚げ油            適量
パセリ            少量
アルミホイル、リボンなど   適量

作り方
①鶏手羽元は手元の部分まで切り込みを入れて肉と骨を切り離し、
内側の肉を裏返してチューリップの形を作る。

手羽元の一番太い部分から骨にかけて切り込みを入れる。

切り込みに沿って 骨と肉を切り離す。

骨から切り離した肉を、肉が付いた方にひっくり返す。


全体的な形を整える。
(※キッチンバサミでも出来ます)

②ビニール袋にAと①を入れてよくもみ込み、15分ほど置く。
③②の鶏肉を取り出し、片栗粉をまんべんなくつけて
中温に熱した油できつね色に揚げる。
中まで火が通ったら引き上げて油を切る。
④③の骨の部分にアルミホイルを巻いてリボンを結び、
器に盛ってパセリを添える

「チューリップ」の由来は、骨の先に丸くついたお肉がチューリップの花のように
コロンと丸い所から名付けられたようです。

持ちやすく、食べやすいのでパーティーにもピッタリだし、お弁当にオススメです。
是非 お試しください。

野菜たっぷりポトフ(調理目安時間35分)

【材料】(3~4人分)
ベーコン(ブロック)・・200g
ウインナー・・・・・・・・・8本
キャベツ(大き目の葉)・・・2本
玉ねぎ・・・・・・・・・・大1個
にんじん・・・・・・・・・中1本
じゃが芋・・・・・・・・・大2個
サラダ油・・・・・・・・大さじ1
Ⓐ鶏ガラスープ・・・・・大さじ2
Ⓑ水・・・・・・・・・・5カップ
塩・こしょう・・・・・・・・少量

【作り方】
➀ベーコンは1~1.5cm幅の拍子木切りに、キャベツは大き目のザク切り、
 玉ねぎは根元の芯をつけたまま8等分のくし形切り、にんじんは7~8mm
 暑さの輪切り、じゃが芋はひとくち大より少し大きめの乱切りにする。
➁鍋にサラダ油と➊のベーコンを入れ、中火にかけてサッと炒める。
 次に玉ねぎ、にんじん、じゃが芋を加えて全体的に油が回るまで炒める。
➂➋にⒶ・Ⓑを加えてふたをし、強火~中火で10分ほど煮る。
➃➌にキャベツとウインナーを加えて更に5~6分ほど煮る。
➄最後に凍ったままのブロッコリーを加えて一煮立ちさせる。
 塩・こしょうで味をととのえて火を止める。

カラフル野菜のローストビーフ包み(調理目安時間15分)

【材料】(2人分)
ローストビーフ(厚切り)・・5~6枚
さやいんげん(冷凍)・・・・・10本
パプリカ(赤)・・・・・・・1/2個
玉ねぎ・・・・・・・・・・大1/2個
Ⓐコンソメ(固形)・・・・・・・1個
Ⓑ水・・・・・・・・・・・・1カップ
お好みのドレッシング・・・・・・適量

【作り方】
➀パプリカは縦に細く切り、玉ねぎも同じくらいの細さに切る。
➁鍋に➊と凍ったままのさやいんげんを入れ、Ⓐ・Ⓑを加えて
 中火にかけて2~3分煮る。 
➂➋をざるにあけて煮汁を切り、5~6等分する。
➃➌をローストビーフで包み、巻き終わりを下にして器に盛り、
 お好みのドレッシングをかける。