本みりんで「りんごのコンポート」

『毎日のごはん応援カタログ 』1月2週号のテーマは “家族で!にぎやか鍋 クイック!ひとり鍋”。
家族が勢ぞろいし、賑やかな雰囲気で頂く鍋や
個食対応で手軽に楽しめるひとり鍋
様々なシーンに活用頂けるレシピをご紹介していますよ。

表紙ではトマトを使ったすきやき鍋のご紹介を。
冷凍ハンバーグを使った時短メニューにもなっていますので
是非 お試しください。


サイドメニューとして「本みりん」で出来る「りんごのコンポート」を掲載しています。
コンポート液の材料はみりんと水だけ!
(詳細レシピは本紙を参照願います。)

りんご以外にもトマト、洋なし、いちじくなどでも代用できますので
こちらも併せてお試しくださいね。

スモークサーモンの押し寿司&アボカド寿司

『毎日のごはん応援カタログ 』12月2週号のテーマは “テーブルを華やかにするパーティー料理”。
年末年始に役立つレシピが満載です。

表紙は「スモークサーモンの押し寿司&アボカド寿司」。
彩りがきれいでテーブルが華やかになるメニューです。

このお寿司は“重ね方” “巻き方” がポイント。
紙面でも作り方を画像付きでご紹介していますが、
こちらでも 併せてご紹介させて頂きます。

■スモークサーモンの押し寿司


① 牛乳パックは縦に半分に切り、開け口をテープ等で留めて長方形の箱型を2個作る
② うす焼き卵は細く切って錦糸卵を作り、きゅうりは斜め薄切りにして軽く塩をふる
③ ①の箱型1個にラップを大きめに敷き、スモークサーモンを敷き詰めて青じそをのせ、
すし飯の1/2量を入れて平らにならす


④ ③の上に②の錦糸卵を散らし、表面の水気をふき取ったきゅうりをのせて残りのすし飯を入れ、
平らにならしてラップを閉じる

⑤ ④の上に⓵のもう一つの空箱型を重ね、手のひらでしっかり押してから更に重しをのせて
しばらくそのまま置く
⑥ ⑤が落ち着いたら重しと空の箱型を外し、牛乳パックごと裏返して中身を取り出す
⑦ ⑥のラップを外し、濡らした布巾で包丁を拭きながら12等分に四角く切っていくらをのせる

■アボカド寿司

① きゅうりは5mm角、モッツァレラチーズは1cm角の棒状にそれぞれ切る
② 巻きすの上に焼きのりをのせ、すし飯を全面に広げる
③ ②の表面をラップで覆って軽く押し、ラップごと巻きすの上に裏返す
④ のりの手前側に青じそを横一列に並べ、その上にかに風味かまぼこと①を置いてのり巻きの
要領でラップごときつめにしっかりと巻く(ラップを巻き込まないように注意)

⑤ アボカドは半分に切って種を取り、2~3mm厚さに切ってレモン汁を振りかける
⑥ が落ち着いたらラップを外して上にマヨネーズを塗り、⑤をスライドさせながらのせる

⑦ ⑥に再度ラップをかけてアボカドを潰さない程度に巻きすで押さえ、アボカドを寿司になじませる
⑧ ⑦の巻きすを外してラップの上から包丁で8等分に切り、ラップを外しながら盛りつける

こちらがカットする前の状態。
形を落ち着かせないと 崩れやすいのでご注意くださいね。

ひとくちミートパスタ

『毎日のごはん応援カタログ 』10月2週号のテーマは “ハロウィンパーティー”。
おうちにお友達を招待し、ハロウィンパーティーを楽しめるアイデア満載!
是非ご覧くださいね。

表紙はハロウィングラタン。

アレンジバージョン。
カボチャで顔デコの仕方で表情が違ってきますので、お子さまと楽しみながら挑戦してくださいね。

こちらのブログでは2P目に掲載している「ひとくちミートパスタ」のポイントをご紹介します。

ひとくちサイズに成型するために、マフィン型を利用します。
ない場合はプリンカップなどでも代用できますよ。

マフィン型にオリーブオイルを塗り、茹で上げたパスタを巻くように入れ、具材を乗せオーブントースターで
焼き上げます。(詳細レシピは本紙参照)

粉チーズをかけてお召しあがりください。

スープジャーでイタリアン麻婆豆腐

『毎日のごはん応援カタログ 』9月2週号のテーマは “おそとでごはん”。

表紙ではスープジャーを上手に使って作る「イタリアン麻婆豆腐」をご紹介しています。
スープジャーは保温力に優れたフードコンテナー。
その保温力を生かして作るレシピです。

詳細レシピは本紙に記載していますが、作り方は簡単!

豆腐を2~3cm角に切ってスープジャーに入れ、熱湯を縁まで注ぎ入れてそのまま置いて温める。
  ↓
調味料をレンジで加熱し、スープジャーの豆腐と混ぜ合わせるだけです。

スープはもちろん、パスタなどの麺類、煮物、デザートにも活用でき、
ピクニックやレジャー、ランチや夜食 様々なシーンに対応できます。

本紙ではアレンジメニューとして「かぼちゃとソーセージのカレー」をご提案していますので、
そちらも併せてご覧くださいね。

焼きそばアレンジレシピ

『毎日のごはん応援カタログ 』8月2週号のテーマは “夏の食卓で大活躍!おいしい麺料理”。

表紙に掲載しているのは「アジアン塩焼きそば」。
ニンニクやレモン汁を隠し味にしているため、あっさりながらもコクのある味をお楽しみ頂けます。

表紙右下には、焼きそばを使ったアレンジ料理も掲載。
スペースの都合上  掲載できなかったレシピはこちらでご紹介します。

◎肉巻き焼きそば

材 料:
中華麺(焼きそば用)1玉
豚薄切り肉150g
付属のソース 1/2袋
万能ねぎの小口切り少量
サラダ油 適量
紅生姜、かつお節・マヨネーズ 適量

作り方:
①中華麺は塊のまま包丁で8等分に切り、麺を崩さないように豚肉で1個ずつ巻く

②フライパンにサラダ油を薄く引き、①を並べ入れて全体をこんがりと焼く

③②に焼きそばソースを入れて絡め、火を止める

④器に③を盛り、マヨネーズをかけて紅生姜、かつお節とねぎを散らす

おつまみにもピッタリな一品です。

◎オム焼きそば

材 料:
中華麺(焼きそば用)1玉
豚薄切り肉 50g
キャベツ 1葉
にんじん 40g
付属のソース 1袋
卵 4個
砂糖・塩 少量
サラダ油、青のり、紅生姜 適量

作り方:
①中華麺は電子レンジに1分ほどかけて温め、ほぐしておく

②豚肉、キャベツ、にんじんはせん切りにする

③ボールに卵を割りほぐし、サラダ油を薄くひいたフライパンに1/4量ずつ入れて薄焼き卵を4枚焼く

④同じフライパンにサラダ油を少量入れ、②を入れて炒め、肉に火が通ったら①を加えて混ぜ、ソースも加えて味をつけ火を止める

⑤まな板に巻きすを置き、ラップを敷いて③を1枚のせる

⑥⑤の上に④を1/4量置き、手前からきつめに巻いてしばらく置く。残り3個も同様に作る

⑦落ち着いたらラップをはずして食べやすい大きさに切って器に盛り、青のりをかけ、紅生姜をのせる

オーソドックスな焼きそばも良いけれど、具材や味付けを変えるだけでガラリと大変身!
是非 お試しください。

トルティーヤでピックウィール

『毎日のごはん応援カタログ 』7月2週号のテーマは “カラダに美味しい!沖縄ごはん”。

沖縄の食材や料理には暑さを乗り切り、生き生きとした生活を送る知恵やヒントが詰まっています。
健康長寿の沖縄料理をcoop cafe風にアレンジした内容になっていますので、是非ご覧ください。


表紙は「簡単タコライス」。
お好みでサルサソースをかけてお召し上がりくださいね。


紙面では材料のトルティーヤが余った場合のアレンジレシピを掲載。
こちらのブログでは「ピックウィール」の作り方を、写真入りでわかりやすくご紹介します。


うす焼き卵を作ってトルティーヤの皮に乗せ、タコライスの具を全体に散らします。

ウィンナーを芯にしてして端からきつく巻いていきます。

巻き終わったら、ラップをして落ち着くまでしばらく置きます。

ラップをはずしてお好みの幅に切り、ピックを刺して出来上がりです。

おやつやお酒のツマミにもぴったり!
お試しください。

 

枝豆とチーズのスティック

『毎日のごはん応援カタログ 』6月2週号のテーマは “いっしょに食べよう いいつまみ いいおかず”。
「父の日」にちなみ、毎日頑張っているお父さんに感謝の気持ちを使えるメニューをご紹介しています。
おつまみはもちろん、お子様も一緒に美味しく楽しめる内容ですので、是非ご覧ください。


表紙は「スコップコロッケ」。
揚げない・丸めない・すくって楽しく食べる新感覚のコロッケです。


中面では「枝豆とチーズのスティック」をご紹介しています。

本紙では枝豆とプロセスチーズとスライスハムを使っていますが、
アイデア次第でいろいろアレンジできますよ。

例えば…
えび+枝豆+コーン
ウィンナー+ピーマン+ピザ用チーズ
納豆+長ネギみじん切り+青のり
カニかまぼこ+青じそ+さけるチーズ
などなど。

食べやすいスティック状なので、人が集まるホームパーティーにもおすすめです。
ご家庭でお好きな具材にチャレンジしてみてくださいね。

ホワイトソースのニョッキ

『毎日のごはん応援カタログ 』5月2週号のテーマは “オドロキ!おいしい♪ キュートなレシピ”。

表紙では自然素材を使ったカラフルニュッキ!
自然素材を使った5色のニョッキの作り方をご紹介しています。
何色から食べるか迷ってしまうぐらい、カラフルで見た目も楽しいですよね。

今回こちらでご紹介するのは、表紙下部で掲載しているアレンジレシピ。
市販のホワイトソースを使ってできる簡単メニューです。

〔作り方〕
①ベーコンやきのこなど適量を食べやすい大きさに切って鍋に入れ、
オリーブ油を大さじ1/2加えて中火で炒める。

②①にホワイトソース(市販)と牛乳を同量ずつ加え、
時々かき混ぜながら弱火で5分ほど煮る。

③②にゆでたニョッキをお好み量入れて、塩・こしょうで味をととのえる。

④③を器に盛り、粉チーズを振ってバジルの葉を散らす。

仕上げに生クリームなど加えると、尚リッチな味わいになります。
是非 お楽しみください。

フライパンでBIG餃子

『毎日のごはん応援カタログ 』4月2週号のテーマは “おもてなしプレート   対決”。


表紙はスティックオープンサンドとオイルおにぎりの競演!!
目にも美しく、食べて満足のプレートです。


そして2ページ目では「春キャベツのBIG餃子」をご紹介しています。

作り方はとっても簡単!
フライパンにサラダ油をしき、中央に餃子の皮を1枚置いてから
その周りに餃子の皮7枚を少しずつ重ねながら丸く並べます。

中央に餡を乗せ、餃子の皮の周囲を少し空けて平らにならし、
その上に具を乗せます。
残りの餃子の皮の周囲に水を塗って下の皮に合わせるように7枚置きます。
端をしっかりつけたら最後の1枚を中央にのせて蒸し焼きにするだけ。

詳細レシピは本紙を参照にしてくださいね。
成型せずに手軽に作れるBIG餃子 是非お楽しみください!

食べやすいひと口サイズ の「いろいろカナッペ」

『毎日のごはん応援カタログ 』3月2週号のテーマは             “春色 お祝いレシピ”  。


表紙を飾るのは「いろいろカナッペ」。
春らしい軽やかな色合いでコーディネートしています。

 


カナッペにはご家庭で手軽に作りやすいサンドイッチ用食パンを利用。

 

食パンはこのように、ひと口サイズに〇型(直径5cm位のもの)で抜いたり、十文字に包丁を入れて4つ切りにしたり、お好みに合わせて形を変えます。
詳細は本紙レシピをご覧ください。

 

片抜きで抜いた残りのパンは、さいの目状に切ってクルトンを作り、スープなどにお使い頂けます。

 

本紙の2ページ目ではクルトンを使った「ベーコンと野菜のスープ」をご紹介していますので、こちらも併せてご活用くださいね!