Week17ページおうちごはん5月度の撮影をしました!

皆さまこんにちは!

昨年の投稿からだいぶ時が経ってしまい、申し訳ありませんでした。

「毎日のごはん」チラシが終って、「おうちごはん」になり約5ヵ月。

Week17ページの「おうちごはん」見ていただいているでしょうか?
おうちごはん味見係りのちはるです♪

先週は、おうちごはん5月度の撮影をしました。
外は雪が舞っていましたが、気分は初夏です!

その中でも、コレ!

「コープ殻むき簡単ブラックタイガー」で作ったブラックタイガーソテーです。

オリーブオイルで炒めて、クレイジーソルトをかけただけなのにエビの旨みたっぷりで美味しかったです!(^^)!

「コープ殻むき簡単ブラックタイガー」は、商品名の通り殻むきがとっても簡単でした!

気持ちがいいほど「スルッ」とむけます。

Weekで見かけたらぜひチェックしてみてくださいね!

この他にもおいしいレシピの撮影をしましたので、5月度のおうちごはんもお楽しみに♪

 

 

毎日のごはんチラシ撮影風景

はじめまして!「毎日のごはん」チラシの担当のちはるです(*^_^*)

今回から毎月1回行われている撮影の様子を紹介していきたいと思います!

この日は、9月2週発行の「毎日のごはん」の撮影でした。

いつもちょっと先の撮影をしているので作る料理はすっかり秋の食材が並んでいます。

写真はパイバスケット秋野菜サラダです。冷凍パイシートで器も作っています。

作り方も載せますので楽しみにしていてくださいね!

 

9月2週「毎日のごはん」お楽しみに!

マカロンみたいな和菓子

一見マカロンに見えるコチラの商品、
お饅頭なのですって!

『薄皮饅頭』で有名な、福島県の柏屋さんの商品で
フルーツ味の薄皮饅頭『Sweets Manju』。

今月の「毎日のごはん応援カタログ」撮影時に
スタッフTさんから差し入れに頂いたものです。

カラフルな色はレモン、ブルーベリー、メロン、マンゴー
イチゴ、バナナをつかっているそうな…。
確かにフルーツの香りがふわぁ~と漂ってきます。

これだとあんこがちょっと苦手…という方も美味しく頂けるかも。

こういう新しい発想、勉強になりますね~。
カタログ作成のアイデアにも生かしていきたいと思います。

淡い初恋のような味わいでした。

今月の「毎日のごはん応援カタログ」用撮影も無事終了しました!

先月参加できなかった山形からのスタッフKさんから
こんな差し入れが…。

杵屋本店の「雪まろ」~!
昨年も差し入れに頂きました
舌の上でふんわりとろける様は
まさに淡い初恋を思わせるような優しい味わい。


チーズケーキの「圓(まどか)」も美味しい~。


スタッフJさんより「すだちのシフォンケーキ」も頂き、
何だかスイーツ・フェスタという感じですね。
美味しいお菓子とお心遣いのおかげでスタッフ一堂、
パワーチャージできた一日でした♪

雑穀入りおにぎりのレシピ

こんにちは。
8月に入り、本格的な夏到来!という感じですね。
「毎日のごはん応援カタログ」8月号が
既にお手元に届いていらっしゃると思いますが、
今月号のテーマは“夏を乗り切ろう!”

表紙はひんやり冷たい夏のおでん!
暑くて食欲が出ない…そんな時にオススメのメニューです。

今回は紙面の都合上、レシピのご紹介ができなかった
雑穀入り味噌おにぎりの作り方をご紹介しますね。

====
雑穀入り味噌おにぎり
====

材料(5個分)
雑穀入りごはん(温かいもの) 550g
A 味噌           大さじ3
  みりん          大さじ3
作り方
①Aは合わせておく
②ごはんを5等分して三角形ににぎり、①を片面に適量塗って
 オーブントースターで焼く。
(プレートにアルミホイルを敷き、薄くサラダ油を塗った上に
 のせて焼くとくっつきにくい)
③味噌に焦げ目がついたら焼上がり

旨味たっぷりの冷たいおでんに、
甘味噌のおにぎりが美味しい取り合わせです。

是非 お試し下さい!

あんこがぎっしり~!絶旨!

気づけば6月下旬。
1年の半分が経とうとしています。
早いものですね~。

残りの半期も引き続き『毎日のごはん応援カタログ』を
どうぞ宜しくお願い致します。

さて今月の撮影も慌ただしいながら無事終了しました。
今回の撮影ではこんなステキなものを差し入れに頂きました!

スタッフNさんのから、長野県「御菓子司 喜八」のどらやき『鎌倉伝』。
あんこマニアのNさんが一番オススメだそうです。

中をあけてみると…

飛び出さんばかりのあんこ!!
しっとりホクホクしています。
しかも生地もふんわりしていて、とっても美味しいー!

Nさんが長野に行った時には50個ぐらい大量買いするんですって。
まさに「大人買い」ですね。
これはちょっと忘れられない味になりそう。。。

やわやわお餅に あまどころ♪

ドワ~ン!!
見てください!この沢山のお団子!

毎日のごはん応援カタログの撮影で、山形から通うスタッフKさんから
頂いた差し入れです。

山形県天童市にある「菊地餅屋」さんのお団子!
やわやわで美味しいんですよー。
これがっ!お団子というか、お餅なんです。
あんこ、ずんだ、しょうゆ、ごま、くるみがたっぷり塗ってあるのもうれしいですね。

ビロロローンと「帯こんにゃく」。
こんなに長いこんにゃく、初めて見ました。
着物の帯みたい。

これ 何だかわかりますか?

「あまどころ」という野菜なんですって。
漢字で書くと「甘野老」。
根茎を食べると甘いところから〝あまどころ〟と呼ばれるようになったそうです。

スタッフKさんPRESENTS 本日のまかないの出来上がり!

帯こんにゃくの白すりごま炒めと…

あまごころは茹でて、わさび味噌マヨネーズ合えに。

ほんのり苦味が美味しい、里山の季節の旨味を感じました。
ご馳走様でした~。

酸っぱくなったたくあん漬けがご馳走に変身!

「毎日のごはん応援カタログ」の今月のまかない編!
ジャンジャン♪


たくあん炒めです!
恒例 山形から駆けつけたスタッフKさんのお祖母さまのお味だそうです。

酸っぱくなったたくあんをごま油と砂糖と醤油でさっと炒めるだけなんですが、
不思議と美味しい!
ポイントは調理前にたくあんの塩抜き(水に10分程度)をすることと汁気が無
くなるまで炒めめる事!とのこと。
今まで食べたことがないような深い味わいです。
これ いいアイデアですね~。


コチラは同じくKさんからの差し入れ。博多名物「ふくやの明太せんべい」!
少しピリ辛味でパリパリ感が楽しめるお煎餅ですね。


それから仙台のスタッフKさんから箱根の「ご黒うさん」。
外も中も真っ黒のごままんじゅう。インパクトありますねー。

ネーミングが不規則に並んでいるので、一見何ていう名前なのかわかりにくいの
も、これまた妙技ですね(笑)。
ごま好きには堪らない味わいでしたー。

「ひょう干し」って・・・?

今月の「毎日のごはん応援カタログ」撮影では、
山形のスタッフKさんからこんな差し入れを頂きました!


バナナボート???

天童にある「山形旬菓詩 武田菓子店」というお店のお菓子だそうです。

これがメチャうまでした!!
ふわふわのスポンジケーキの中に、
ずっしりとしたバナナがまるごと1本入っていて、美味しいです!
一般的なバナナオムレットをもっとリッチにした感じ。


「いちごボート」」はこの時期だけの季節商品なんですって。
これまた程よい酸味が効いていて、美味しいー!

機会があったらお店にも立ち寄ってみたいですね。


こちらは同じくスタッフKさんがまかない用に持参された「ひょう干し」。
「ひょう」と言うのは夏の畑地に生える野草「すべりひゆ」のことで、
それを夏摘んで茹でて、天日干しにしたのが「ひょう干し」だそうです。

山形では今年もよいことがありますようにと、お正月に食べる縁起料理なんですって。


こんな風に、油揚げや大豆もやしを加えて
煮物にすることが多いそうですよ。
歯ごたえがあって美味しい!ご飯にピッタリですね!

郷土食って奥が深くて、勉強になりますね!

生バラの香りに包まれて、バラの花を摘み取ってきました!

今月の「毎日のごはん応援カタログ」の7ページ目にはコープ化粧品「フリーリア」を紹介しています。
「フリーリア」は日本で初めて、
国産の新鮮な生バラを使った高保湿スキンケア。
実際にどんな環境で栽培されているのか、興味がありますよね。

スタッフの私たち、原料のバラを栽培しているナリス化粧品さんのバラ園にお邪魔させて頂いたので、その様子をご紹介します。

場所は登米市迫町の山中。
フリーリア専用のバラ園で、敷地面積約2万坪。
甲子園球場の4倍の広さに、約15000株のバラが栽培されているそうです。


当たり前ですが、周囲一面がバラ~!
生バラの香りに包まれるなんて、日常生活ではありえない事ですよね。
なんて 贅沢なんでしょ。。。
ちょっとお姫様気分を味わえたような気がします。

バラの種類は全部で3000種類以上あり、
フリーリアはその中から4種類を絞り込んで使っています。

一通り施設内の説明を受けた後は、摘み取り体験をさせて頂きました。
ポイントは「八分咲き以上を採取」すること。


各自が摘み取ったバラが目の前に広げられ、
ここから花びらとガク(子房)に分ける「バラシ」という作業に入ります。


大きな袋にいっぱい詰めて…


計量作業。発送まで冷蔵保管され、最後はクール便で埼玉の抽出工場へ。

ひとつひとつの花びらが傷つかないように、繊細で細やかな作業が必要だったり、温度管理に気を配ったり、各工程で手間がかかっています。

無香料なのに、ほのかで優しいバラの香りがするのは、こういった細やかな人の手や厳しい管理体制があるからなのですね。

無香料・無着色・パラベン不使用の安心スキンケア、「フリーリア」を是非お試しください。