冷凍さんまで「さんまのベッカフィーコ」

『毎日のごはん応援カタログ 』7月2週号は“いつもの材料でオシャレにバル風”がテーマ。

自宅にあるもので、ちょっとオシャレなバル風メニューを楽しんで頂きたいという構成になっています。

_DSC3024

今回こちらではシチリアの郷土料理「ベッカフィーコ」をご紹介します。

「ベッカフィーコ」とは、シチリアでポピュラーな食材 イワシとパン粉を主体にした料理で、
その昔貧富の差が激しかった頃、貴族が好んで食べていた小鳥の名前を「ベッカフィーコ」と呼んでいました。
ベッカフィーコを食べることが叶わず、どうしても食べたかった庶民達は、
海に行けばいくらでも獲れるイワシを使ってベッカフィーコの形に似せて作ったのが始まりと言われています。

coop cafeではイワシを冷凍さんまで代用することで、手軽に作れるメニューとしてご紹介しています。
ポイントとなる巻き方は、下記の写真を参考にしてくださいね。

_DSC2958

さんまの皮目を下にして並べ、パン粉等(詳細レシピは本紙参照)を全体に散らす

_DSC2968

手のひらで押さえつけるようにして落ち着かせる

_DSC2974

頭側から尾の方に向かってくるくると巻く

_DSC2976

巻き終わりを爪楊枝で止める

_DSC2982

巻き終わった形が、小鳥のようになります。

_DSC2986

耐熱皿にオリーブ油を薄く塗って並べ入れ、間にローリエとレモンの輪切りを挟み、
上から残りのオリーブ油をふりかける。
パン粉を散らして温めたオーブントースターで20分程焼けば出来上がり!
(途中焦げ過ぎるようならアルミホイルを被せる)

くるみやアーモンドの歯触りが加わって、美味しいメニューです。
是非 お試しください。