来週末、県内4か所で開催!「産前産後ボティケア講座」のご案内

こんにちは!ハピママスタッフ山崎です。

 

「産後ケア」ってきいたことありますか?

 

赤ちゃんが産まれるまでは、何度も検診があり、周りの人もママの体調を気遣ってくれますが、

産まれたとたん、検診はほぼ赤ちゃんのみ。周りの人も赤ちゃんの体調、成長に注目します。

 

ママはなんだか、「もう、体 大丈夫でしょ?当然、子育ても何とかできるよね。」って言われているみたい・・。

 

でも、ママが本当に、体も心もつらく、休養を、誰かの手助けを必要としているのは、産後なんですよね。

 

そんな、つらい経験をしたママたちが自ら立ち上がり、

産後のママが、きちんと「養生」する、そのために周りのサポートの体制をつくる方法を教えてくれたり、

バランスボールなどを使って「体のリハビリ」、ワークを通した「心のリハビリ」を行っているのが、

東京の団体、「マドレボニータ」さんです。

 

「産後、ただ育児と家事だけで過ごしていては、体の疲れやうつなどの心の不調は出て当然!

産褥期の周りのサポートを受けての養生と、体幹を鍛える体のリハビリと、社会復帰のための心のリハビリが必要!」

という、マドレボニータさんの考えを知った時には、私、目からウロコ!でした。

(HP見てみてくださいね)

マドレボニータ 妊娠から産後のすごしかた

 

そんな、マドレボニータの設立メンバーの一人で、ご自身は4人の子育て中、

「妊産婦界の綾小路きみまろ」と自称される(?)吉田志磨子さんが、岩手にいらっしゃいます!

 

 

「だっこや授乳で体がガタガタ・・」「毎日疲れてぐったり・・」

「夫や家族にイライラ!」「職場復帰など、未来のことが不安・・」

そんなあなたにおすすめ!

 

体を動かしてすっきりして、自分の体と心の状態とその対処方法を知ることができる、

他にはない講座ですよ。

 

「産前産後ボディケア講座・2017秋」

いわて生協のハピママコープでもいつもとってもお世話になっている、

助産師さんの会「まんまるママいわて」さんが、現在募集中の企画のご案内です。

申し込み方法など、詳しくはまんまるさんのHPへ→こちら

7月・9月と2回連続で開催していますが、今回だけの参加ももちろんOKだそうです。

 

生後210日以内の赤ちゃんは、

抱っこしてバランスボールで弾んだり、そばに寝かせて置いたりして、いっしょに参加できますよ。

 

東京の世田谷区や杉並区では、赤ちゃんを産んだ時にもらえる「子育て応援券」で、参加できるそう。

うらやましい~!岩手にも、あったらいいなあ。

こういう「産後ケア」、岩手にももっと広げていきたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)