帝王切開ママの会を開催しました

こんにちは!スタッフ山崎です。

 

11月10日、ベルフ牧野林で「帝王切開ママの会」を開催しました。

3組のママが参加してくれましたよ。

 

私自身が、2人の子どもを帝王切開で出産したので、ずっとやりたかったこの企画。

 

帝王切開って、お腹を切って赤ちゃんを取り出すので、

出産なんだけれども、ママの体的には、手術なんですよね。(当たり前ですが)

 

病気や怪我の手術であれば、「お大事に」「大丈夫?」と言われ、ベットで寝て療養できるわけですが、

 

これが帝王切開となると、(無事出産できて)「よかったね」「おめでとう」とだけ言われ、

自分がお腹の痛みに耐えてようやく歩けるようになったころ、

赤ちゃんがお部屋にやってきて、

慣れないお世話・授乳をして、夜中も寝ていられないわけです。

 

そしてさらに、産後の体の変化と、

ホルモンによる心の変化も襲ってくるわけです。

 

私はこの入院期間が、非常につらく、泣き通しでした。

ホルモン的なマタニティブルーズ、だったと思うのですが、

思いがけなく帝王切開になったこともあり、

「こんなはずではなかった」「こんなにつらいなんて聞いてない」

「だれも助けてくれない」「うまくいかないのは自分が悪いのでは」

という気持ちでいっぱいだったのです。

 

赤ちゃんが来て、幸せなはずなのに、こんなにつらいなんて・・。

 

そんな思いを抱えて、退院後もつらい毎日だったのですが、あるとき友人から、

「私も、おっぱいがうまく出なくて、母乳だけで育てたかったのにできなくて、泣いてばかりだったよ」

と言われて、

「自分だけじゃないんだ!」と救われた気持ちになりました。

 

同じ思いをした人と、話すだけでこんなに楽になれるって、そのとき思いました。

 

最初の子が生まれて6年たって、ようやく、自分の気持ちに区切りがついてきましたが、

つらい思いや、納得できない思いがあるママがいたら、

お話することで少しでも楽になれたら、と思って開催した企画でした。

 

さて、参加者のみなさんの自己紹介の後、

それぞれの出産をふりかえって、

感じたこと、納得できなかったこと、こうしたかった、などをお話しました。

12231501_548017525346323_782722444_n

「麻酔が怖かった」

「手術のとき、お医者さんが雑談をしていていやだった」

「同じ病室の方が分娩の話をしているとつらかった」

「手術の次の日くらいから、歩け歩けと言われて、貧血で倒れてつらかった」

「個人病院に入院してみたかった」

などのあるあるや、

 

まわりから言われて傷ついたひとことは、

「楽に産めて良かったね」(→夫に言われたという方も!)

「お金が戻ってくるからいいじゃん」

「会陰切開の傷がないから、普通に座れていいね」

などなど・・。

 

本当は周りの人に、つらかったんだよ!大変だったんだよ!と訴えたいんですが、

なかなか理解してもらえないような気がして、言い出せないんですよね。

 

嬉しかったひとことは、お子さんがお風呂で

「この傷はお母さんのくんしょうだよ!」

といってくれたこと。

素敵ですね・・!

 

ブログをみてくださっているみなさん、

現在、岩手での2割の方が帝王切開で出産しています。

 

これから、もし周りの方で、帝王切開で出産したママがいたら、

がんばったね!と言ってあげてくださいね。

 

陣痛を経験して産み出すのと同じように、

大変な思いをして、赤ちゃんを迎えています。

12212504_548017535346322_1712356274_n

お子さんたちは楽しく遊んでいてくれましたよ♪

 

参加された方からは

「帝王切開のふりかえりをすることができなかったので、今日いろいろ話せてよかったです」

「なかなか帝王切開どうしの話をすることがないので、いろいろ話を聞けて、参加してよかった」

などの感想をいただきました。

 

 

お昼は、ランチ会ということで、生協のお弁当をいただきました。

12231228_548017565346319_758787282_n

 

おやつのこの「ヨーグルトレーズン」はおいしい!

個包装だから食べすぎないところがまた、いいですね。

12242256_548017542012988_847300437_n

 

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)