日の本中央のお祭り

投稿者: 藤元由紀  2017年9月13日(水曜日) 20時47分|未分類RSS 2.0

 

上北郡東北町で恒例の秋祭り「日の本中央祭り」が開催されました。

東北町には日の本中央の碑がありいまだ謎が多いのですが、坂上田村麻呂軍が戦いの後、都母の国(現東北町)と和議が結ばれたことで五穀豊穣を祈願し、たいまつを灯す習しが伝えられています。

今年も河川敷に大たいまつが設置され儀式開催を待ちます!

私もお祭りの半纏をお借りして司会を担当させて頂き、古の伝説に思いを馳せました。

青森は虫の音も響いていて秋の気配🍁

夜は肌寒くなってきたので今夜は温かい煮物中心のメニュー🍚

煮物、と言ってもとても短時間で出来ちゃいます☝

COOP 子持ち浅羽かれいの煮付け

COOP 穂先竹の子煮

どちらもお湯で温めるだけ🍲

かれいの煮付けは生姜風味の醤油だれで

焼きネギと焼きエノキを添えてたれと絡めると美味しさup!

竹の子煮は歯ざわりサクッ♬

本格煮物〇でも簡単! 満足夕食でした◎

東北町で開催された日の本中央祭りでは「ナニャドヤラ」も踊られます👘

とても変わった言い回しのナニャドヤラ・・ヘブライ語のようですが

旧南部領の盆踊り唄として伝わり詳細はいまだ不明なことが多いそうです。

盆踊り、ナニャドヤラが終わり日が暮れるころ日の本中央たいまつ祭りの儀式が行われ

大たいまつに火が放たれ夜空を照らします🔥

五穀豊穣 無病息災 そして平穏を願います✨

 

 

 

 

 

 


コメントを投稿