おうち時間 ~こどもの詩~

ハピママスタッフ一関の小山です。

小1(男子)&小4(女子)の
#ステイホームはケンカばかり。

 

嫌なら離れればいいのに
お互いくっついて
文句ばっかり言っていますー(笑)。

 

口で言う文句はトゲトゲしくて
横で聞いていても心が痛くなるので
じゃあ「詩に書いてみよう!」と提案。

 

「詩…? 何それ、どうやってやるの?」
と言われたので(よしよし…のってきた~)

 

「まずは、これ読んでみよう!」
と差し出したのは「ことばのしっぽ」の詩集。

読売新聞の家庭面に掲載されている
「こどもの詩」の50年分をまとめた本です。

 

書かれた時期は古くても
子どもが書きつづった言葉はとても新鮮。

2~3歳くらいの子の言葉を
母親が書きとめた詩も素敵です。

しかも、むちゃくちゃ泣けます。
選者の詩人のみなさんのコメントにも号泣。

この本を読み聞かせしたところ
「詩、書いてみたーい」(よしよし…のってきた~)
と息子(小1)がやる気になったので、

それっぽい雰囲気を出すために
原稿用紙も用意(生協で購入♪)

大きいマスの原稿用紙は、
息子には書きやすいみたいです。


↑大好きなこんちゃんをそばに置いて詩にチャレンジする息子


↑作文より書きやすいとノリノリで書く娘

 

+++

「うるさい」

弟が
勉強していても
ずっとペラペラしゃべる
うるさい
でも そこがかわいい

じゃま
本当に
じゃま
じゃまーってさけびたいほど
うるさい

でも
かわいい

ーーーー 小4女子

+++

「ともだち」

きゅうりとすいかはね
ともだちになれそう

だって すいぶんおおいし
いろ ともだちだから

ーーーー 小1男子

+++

 

姉は 収まらない気持ちを表現し
弟は 思いもよらないオモシロ内容で
それぞれ心にひっかかる事が違うんだなぁと。

詩に書いてもらうと
私の知らない子どもたちの世界を
なんとなくつかめそうかな。

本当は、毎日書かせたいけど
飽きちゃいそうなので
時間を置いてから
また書いてもらおうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)