おすすめコープ商品見つけた!「有機特選丸大豆醤油」

こんにちは。ハピママスタッフの根本です。

今日はオススメのコープ商品をご紹介します。

今回紹介するのは  『醤油』

みなさんのお家にある醤油の裏にはってあるラベルには、

どんな記載がされているでしょうか?

毎日使う調味料。

そういったものこそ安心な物を取り入れたいですよね。

おすすめはこちら、コープ商品の

有機特選丸大豆醤油 

IMG_4509

表のラベルには、

『有機栽培大豆と有機栽培小麦から作りました。

原材料は、化学合成農薬や化学肥料を使わずに育てたので、

田畑と周辺の環境に役立っています。』  と書かれています。

IMG_4494

裏の原材料

【有機丸大豆・有機小麦・食塩】

IMG_4500

大豆と小麦と、塩、しか使っていません。本物のお醤油です。

次は他社製品の、めちゃくちゃ知名度のあるお醤油。

裏ラベル。

【脱脂加工大豆・小麦・食塩・大豆・アルコール】

脱脂加工大豆とは、文字の通りですが大豆から油を取り除いた物です。

原材料を見ると、脱脂加工大豆とそのままの大豆の2種類が使われているんですね。

IMG_4489

3つ目も他社製品の商品です。購入先は生協以外の販売店。

【アミノ酸液・食塩・脱脂加工大豆・小麦・調味料(アミノ酸)

・カラメル色素・甘味料(サッカリンNa・甘草・ステビア)保存料(パラオオキシ安息香酸)】

 IMG_4481

コープ商品の試食会にご参加くださったお母さん達は、

原材料表示の見方などもご案内しているので、もうご存じだと思いますが、

 

原材料表示は、商品に使われている量が多い順から記載する事になっています。

この醤油の場合、大豆よりも、アミノ酸液や塩が多く入っている、ということになります。

醤油に甘味料が入るのは、甘い醤油が好まれるために入れる地域もあるそうです。

 

また、1つ目、2つ目には「本醸造」という表示があります。

「これは原料となる大豆と小麦を、麹菌や酵母など微生物の力によって、 長期にわたり発酵・熟成させたもの。
つまり、タンパク質を分解して種々のアミノ酸に変える工程を、すべて麹菌がつくる酵素の働きでおこなっています。

本醸造でつくられたしょうゆは色や味、香りすべてにおいてバランスのとれたよいしょうゆといえます。」(キッコーマン HPより)

 

3つ目は「混合」という表示があります。

「混合醸造は、本醸造の諸味(もろみ)にアミノ酸液(または酵素分解調味液、または発酵分解調味液)を加え、短期間で熟成させる方式です。」(キッコーマン HPより)

 

1つ目、2つ目の醤油の方が、時間のかかる本来の作り方でつくられた醤油、

3つ目は、短期間ででき、安く販売できる醤油です。

 

コープ商品の有機特選丸大豆醤油は、

丸いままの大豆を使用し、化学肥料、化学農薬を使用していない大豆からつくられました。

スッキリとした香り豊かなお醤油です。

 

お値段は他のお醤油とくらべると、

200円ほどお高いです。

 

500円とかじゃなく200円ほどの差でこれだけの違いがあります。

 

 

IMG_4509

是非お店で、有機特選丸大豆醤油を見つけてみてくださいね(^^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)